満天土佐イメージ
夏の花  写真一覧

夏の花 写真一覧

夏に咲く花の画像一覧・拡大写真




日本有数の自然環境に恵まれた高知県の中西部(中土佐町と近隣市町村)も雄大な太平洋日本最後の清流と言われる四万十川などに隣接し、貴重な自然環境・植物(花)が多く残っています。
五十音順アイウエオ順夏の花リスト


日本の植物学者の父と言われる牧野富太郎博士も同じ高知県高岡郡の佐川町出身であり、高知県は植物の宝庫と言っても過言ではないでしょう。 ここでは高知県中西部の身近な山里・田畑・庭などに咲く 夏の花の写真画像)を一覧表の形で掲載しています。それぞれの花の写真には、花にまつわる話などと共に薬草に関する情報も掲載していますが、特に薬草を実際に利用される場合は、さらに詳細な情報の収集や専門家にご相談願います。
五十音順アイウエオ順夏の花リスト


夏の花・夏に咲く花 写真(画像)一覧
ウキツリボク(浮釣木)
ウキツリボク(浮釣木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【アオイ科】ウキツリボクは中南米のブラジル、ウルグアイ原産のつる性低木。別名チロリアンランプ。赤い筒状の萼があり、ランプをぶら下げたような形に見える。亜熱帯性植物ながら耐寒性がある。
アマリリス(Amaryllis)
アマリリス(Amaryllis)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7、9〜10月【ヒガンバナ科】アマリリスは南アメリカ原産の多年草で、白・赤・橙などの色のユリに似た6弁の大きい花をつける。ヒガンバナ科の他の植物同様に、球根などにリコニンという有毒成分を含む。

アサガオ(朝顔)
アサガオ(朝顔)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月【ヒルガオ科】アジア原産のつる性一年生植物で、左巻きの茎には逆毛がある。名前の由来は早朝に咲き午前中にしぼむことから。牽牛子(けんごし)と呼ばれる種子は下剤や利尿剤として薬用出来るが、毒性が強く素人の服用は危険。
アセビ(馬酔木)
アセビ(馬酔木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:3〜5月【ツツジ科】アセビは有毒植物で、グラヤノトキシンという有毒成分をもつそうである。馬が食べると苦しむと言われている。また、ハエやウジの殺虫、牛馬の皮膚寄生虫、農作物の害虫に効果があるとされる。

ハマボウ(浜朴)
ハマボウ(浜朴) 花期:7〜8月【アオイ科】関東〜九州の海岸沿いなどで見られる落葉低木で、中心が赤褐色の黄色い花をつける。ハマボウをレッドリストの絶滅危惧種に指定している府県が多い。果実は卵形で10〜11月に黄褐色に熟し5分裂する。
ダリア(Dalia)
ダリア(Dalia)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【キク科】メキシコ原産の多年草で、テンジクボタン(天竺牡丹)の和名をもつ。ダリアは変異しやすい花の為、品種も多い。花色もバラやチューリップと並び、赤・白・黄・橙など豊富。
五十音順・夏の花リスト

フクロナデシコ
フクロナデシコ(袋撫子)・雄花
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ナデシコ科】地中海沿岸原産の1年草で、別名はサクラマンテマ。5弁の桃色の花で先端が2裂に。フクロナデシコという名前の通り、開花後萼(がく)が袋状に垂れ下がる。耐寒性も強い丈夫な花で、特に日当たりの良い場所が適する。
ガーベラ(Gerbera)
ガーベラ(Gerbera)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜10月【キク科】ガーベラはアフリカや熱帯アジアのような温暖な地域に広く分布するだけあって、写真のガーベラも日当たりの良い畑の近くに毎年のように咲く。多年草で別名アフリカセンボンヤリ。花色は赤、白、黄、緑、橙、ピンクなど豊富。

ガクアジサイ(額紫陽花)
ガクアジサイ(額紫陽花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【ユキノシタ科】日本原産で、高さが2m程度に育つ落葉低木。中央の両性花は開花せず、周りの花びらだけが額縁のように咲く。ガクアジサイはアジサイの原種と言われている。毒性があり人・牛・山羊などが摂食すると中毒を起こす。
ガンセキラン(岩石蘭)
ガンセキラン(岩石蘭)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ラン科】黄色の花をつけ、唇弁は筒状で黄褐色の縁どりがある多年草。上写真のように葉に黄色の斑(ふ)のあるものをホシケイランという。ガンセキランの名前の由来は、根元の円錐状の偽鱗茎(球根)が岩石のように堅いことから。

アヤメ(菖蒲・文目・綾目)
アヤメ(菖蒲、文目、綾目)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月頃【アヤメ科】アヤメは乾燥した畑や草原などに生える多年草で、外花被片は楕円形で垂れ基部は黄と紫の網目がある。文献によっては、根茎の粉末が寄生性皮膚病に効果があるとも、また毒性を持つとも記述されている。
ハナショウブ(花菖蒲)
ハナショウブ(花菖蒲)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月頃【アヤメ科】ハナショウブは湿地に育つ多年草で、野花菖蒲を原種とする。上記写真は高知県中西部の田んぼの畦道に生えていたものでノハナショウブの可能性あり。外花被片に網目模様がない事でアヤメと区別。



ハマユウ(浜木綿)
ハマユウ(浜木綿)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【ヒガンバナ科】ハマユウは温暖な海浜で多く見られる多年草で、和名の由来は花の様子が木綿 (ゆう)を垂らしたようであることから。白く細長い6枚の花被をもつ花で、日没前後から強い芳香を発する。
五十音順・夏の花リスト
ヘビイチゴ(蛇苺)
ヘビイチゴ(蛇苺)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜6月 【バラ科】ヘビイチゴは日本全国の畦道や野原に自生する多年草。初夏に黄色い5弁の花をつける。果実は毒があるという俗説があり、ドクイチゴとも呼ばれるが実際は無毒らしい。全草を用いて解熱、通経、痔に薬効とある。

ヘクソカズラ(屁糞葛)
ヘクソカズラ(屁糞葛)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【アカネ科】日本を含む東アジアに分布する蔓性の多年草。ヘクソカズラ(屁糞葛)の名は、葉や茎に悪臭があることに由来。筒状の花で外側は灰白色、内側は紅紫色。秋に熟し切った黄褐色の果実を用いてしもやけ、ひび、あかぎれに効能。
ヒマワリ(向日葵)
ヒマワリ(向日葵) 花期:7〜9月【キク科】ヒマワリは北アメリカ原産の一年草で、別名はニチニンソウ(日輪草)。多数の花が集まって一つの花を形作る頭状花序。種実は食用や油糧になる。子実を葉といともに採集・乾燥し、風邪の熱冷まし、リウマチ、腎臓病に効能とあり。

ヒメヒオウギズイセン
ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【アヤメ科】正式名称はモントブレチアという南アフリカ原産の球根草。ヒメヒオウギズイセンは繁殖力が旺盛。花の色は濃いオレンジや朱赤色など。高知中西部辺りでは俗称で貧乏草とも。
ヒルザキツキミソウ
ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【アカバナ科】ヒルザキツキミソウは北米原産の帰化植物で、月見草が宵に咲くのに対し、昼間でも開花している多年生植物。白または薄ピンク色の4弁花で、8本のオシベと特徴的な十字型のメシベをもつ。

ホタルブクロ(蛍袋)
ホタルブクロ(蛍袋)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7、9〜10月【キキョウ科】下向きに釣り鐘型の花を咲かせる多年草。花の色は赤紫、紫、白。ホタルブクロの変種として山地に多く生育するヤマホタルブクロがあるが、萼片の状態が微妙に異なる。
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【ツリフネソウ科】ホウセンカは東南アジア原産の一年草で、花の色は赤を原種とし、白・ピンク・紫およびそれらの混じりがある。刮ハ(さくか)型の果実で、熟した果実は指で触れただけで弾け、種を遠くに飛ばす。

イキシア(Ixia)
イキシア(Ixia)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜5月【アヤメ科】イキシアの原産地は南アフリカ(特にケープタウン付近)で、現在日本で栽培されているものは、それらの交配種。花色は赤・黄・白・ピンクなど豊富。ヤリズイセン属の和名を持つが、ヒガンバナ科の水仙とは無関係。
イロハモミジ
イロハモミジ(いろは紅葉)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜5月【カエデ科】イロハモミジは東アジアに自生し、日本で最もよく見られるカエデ属の落葉高木。花は風媒花で萼片と花弁をそれぞれ5個もつ。果実は熟すと風で飛ばされる翼果。イロハモミジは成長が早く、枝も折れやすい。

カンナ(Canna)
カンナ(Canna)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月【カンナ科】カンナは熱帯アメリカ原産の多年草で、花の色は赤・橙・黄・白・ピンクなど鮮やかな色合いのものが多い。上写真と拡大写真のカンナは、生えていた場所が異なり、品種も別のようです。
五十音順・夏の花リスト
カノコユリ(鹿子百合)
カノコユリ(鹿子百合)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【ユリ科】四国や九州の山地に自生しており、別名は土用百合・七夕百合。環境省レッドデータリストの絶滅危惧U類(VU)に指定。上のカノコユリは高知県中西部の民家の庭に咲いていたもの。鱗茎に利尿、咳止めなどの効能とある。

カサブランカ
カサブランカ(Lilium 'Casa Blanca')
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【ユリ科】カサブランカは、日本原産で伊豆諸島に自生する作百合(サクユリ)を改良したもので、ユリの中では世界で最も大きいそうです。純白のユリの女王の異名を持ち、甘い香りがしブライダル・ブーケとしても人気が高い。
キキョウ(桔梗)
キキョウ(桔梗)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【キキョウ科】キキョウは、日本全国の日当たりの良好な山野に自生する多年草。花は鐘形の合弁花で、色は紫コバルトが多いが白もあるようです。環境省レッドデータリストの絶滅危惧U類(VU)。薬効として去痰、咳止めなど。

コバノズイナ
コバノズイナ(小葉の髄菜)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ユキノシタ科】コバノズイナはアメリカ南東部原産の落葉低木で、穂状に白い筒形花を咲かせる。別名はアメリカ髄菜(ズイナ)で、若葉が食べられることから「嫁菜の木」の別名をもつ日本固有の髄菜より葉が小さい。
コバンソウ(小判草)
コバンソウ(小判草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【イネ科】コバンソウは、小判に似た形の小穂をつける雑草で一年生植物。別名はタワラムギ(俵麦)。欧州原産の帰化植物で、明治時代に観賞用に導入、現在もドライフラワーの素材に利用される。




ガクウツギ(額空木)
ガクウツギ(額空木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【ユキノシタ科】ガクウツギはコガクウツギと共に、アジサイ属ユキノシタ科に属する山地の木陰に自生する落葉低木。上の写真は高知県中西部の林道の山手側面に自生しているものを、下から見上げる形で撮影したもの。花の裏側見た状態。
ブラシノキ
ブラシノキ(Callistemon speciosus) 花期:3〜7月【フトモモ科】ブラシノキはオーストラリア原産の常緑低木で、日本に渡来したのは明治時代。 小花が多く集まり瓶ブラシのような形になって咲いている。ブラシの毛のように見えるのは長く伸びた雄しべ。別名キンポウジュ(金宝樹)。

ママコノシリヌグイ
ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜10月【タデ科】日本全国の多少湿り気のある場所に生える一年草。別名は棘蕎(トゲソバ)。茎や葉に棘をもつ。ママコノシリヌグイの花は花被の基が白で先端がピンク。韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれるそうです。
マーガレット
マーガレット(Margaret)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:3〜7月【キク科】マーガレットは、アフリカ大陸の北西沿岸に近い大西洋上にあるカナリヤ諸島(スペイン領)が原産地で、日本には明治末期に渡来。白い一重咲きが多いが、黄色やピンク、八重咲きも存在。和名は木春菊(モクシュンギク)。

マリーゴールド
マリーゴールド(Marigolds) 花期:5〜10月【キク科】マリーゴールドはメキシコ原産の一年草で、独特の強い香りがある頭花(黄・橙・赤など)を一つ咲かす。根に線虫の防除効果があるのは、共生する線虫補食菌の働きだとする説もあるようです。吸水性が強く、切り花に適しています。
マツバギク(松葉菊)
マツバギク(松葉菊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) >花期:5〜10月【ハマミズナ科】マツバギクは南アフリカ原産の多年草で、高温・乾燥に強く春〜夏の長期間開花を繰り返す。花は日中のみ開き夜間は閉じている。葉は三角柱のような形をした多肉質で、茎は木質化し地上を這う。

ハコベ(繁縷)
ハコベ(繁縷)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:3〜9月【ナデシコ科】ハコベは日本各地の畑や草地などに見られる背の低い越年草で、春の七草の一つ。花弁は10弁に見えるが、実際は5弁で根元近くまで深く裂けている。ヒヨコグサとも呼ぶ。コハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベなどの種類あり。
ネジバナ(捩花)
ネジバナ(捩花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【ラン科】ネジバナは日本を含む東アジア原産の多年草。通常ピンクの小さな花を花茎の周りに螺旋状に咲かせる。ネジレバナ、ネジリバナ、ネジリソウなどとも呼ばれ、ラン科の中では珍しく身近な土手や芝生などでも見られる。

ニオイバンマツリ
ニオイバンマツリ(匂い番茉莉)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【ナス科】ニオイバンマツリは南米原産の常緑低木。花の色が紫→淡紫→白と変化、またジャスミンに似た芳香を放つ。”匂い番茉莉”の番は外国、茉莉はジャスミンの意。番茉莉や大番茉莉も同品種。
ニワゼキショウ(庭石菖)
ニワゼキショウ(庭石菖)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【アヤメ科】ニワゼキショウは北アメリカ原産の一年草で1890年頃に渡来。花の色は赤紫や白があり、上写真のものは高知県中西部の畑に自生。別名はナンキンアヤメ(南京文目)。

ノアザミ(野薊)
ノアザミ(野薊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【キク科】ノアザミは、国内では本州・四国・九州の山野に自生する多年草。葉の縁にトゲがあり、花は紫の筒状花。白い花の白花野薊もある。開花期に根を日干して利尿・神経痛に、また生の根は腫れ物に効能とある。
ラッキョウ(辣韮)
ラッキョウ(辣韮)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:夏〜秋【ユリ科】薄紫色の可憐な花を咲かせます。食用である根茎のイメージが強いので、ラッキョウに綺麗な花が咲く事はあまり知られていません。根茎は整腸・制菌作用・不眠症・冷え性・低血圧などに効果ありとのこと。



キンレンカ(金蓮花)
キンレンカ(金蓮花) 花期:5〜11月【ノウゼンハレン科】キンレンカは南米ペルー原産の一年草で江戸時代に渡来、別名をノウゼンハレン。花は5弁花で紅・橙・黄などがある。茎葉はサラダなどの食用に用いられ、抗菌作用があるそうです。
ノウゼンカズラ(凌霄花)
ノウゼンカズラ(凌霄花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【ノウゼンカズラ科】ノウゼンカズラは、中国原産の蔓性落葉高木。樹木や壁に絡みつきラッパに似た花をいくつも咲かせます。花の色は橙色が多いが、ピンクや黄色もある。毒草に分類されており、花や茎葉の汁液で皮膚炎を起こすそうです。

オヘビイチゴ(雄蛇苺)
オヘビイチゴ(雄蛇苺)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜6月【バラ科】オヘビイチゴは、本州・四国・九州の平野部に自生する多年草。散房状の黄色の花をつけるが、ヘビイチゴのような赤い実は成らない。薬草として、虫刺されや頭部のおできなどに効能とある。
スイカズラ(吸い葛)
スイカズラ(吸い葛)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【スイカズラ科】スイカズラは、日本全国に自生する常緑蔓性植物。別名はニンドウ(忍冬)。芳香のある漏斗状の白い花が2個並んで咲き、花は次第に黄色に。新芽や若葉を料理にしたり、花で薬用酒や薬草として腰痛などに効能。

ルコウソウ(縷紅草)
ルコウソウ(縷紅草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【ヒルガオ科】ルコウソウは、熱帯アメリカ原産の蔓性多年草(園芸用は一年草)で、星形の花で赤・白・ピンクなどがある。蔓は長く伸び、葉は細く羽状になり、寒さに弱く冬になる前に枯れる。
五十音順・夏の花リスト
サラサウツギ(更紗空木)
サラサウツギ(更紗空木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ユキノシタ科】サラサウツギは日本原産の落葉広葉低木。芳香のある下向きの花を咲かせる。花の色は、花弁の外側が薄いピンクで内側が白。上写真は蕾の状態で、右上写真が花が咲いた状態です。蕾が美しいので特別に掲載。

サラサウツギ(更紗空木)
サラサウツギ(更紗空木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ユキノシタ科】サラサウツギは空木の八重咲き種で、数多い空木の中でも特に美しい花をつけ人気があります。別名はツカサウツギ(司空木)。木の幹は中空になっており、空木と呼ばれる。空木の仲間でもあり、耐寒・耐暑性に優れ栽培が容易。
キョウチクトウ(夾竹桃)
キョウチクトウ(夾竹桃)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【キョウチクトウ科】キョウチクトウはインド原産の常緑低木で、葉が竹に花が桃に似ていることから命名と。全体に乳汁を含み有毒、また生木を燃やした煙も有毒とある。下痢、頻脈などの中毒症状が現れるそうです。

サフランモドキ
サフランモドキ(サフラン擬き)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【ヒガンバナ科】サフランモドキは、熱帯アメリカ原産の多年草で、江戸時代末期に日本に渡来。別名はカリナタ。花の色はピンク色でサフランに似ていて、葉は細長い線形をしている。雌しべの柱頭が3方向に向いているのが特徴的です。
サツキ(皐月)
サツキ(皐月)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ツツジ科】サツキツツジに比べ一ヶ月程度遅れて花が咲き、サツキツツジ(皐月躑躅)と呼ばれることもある。山や谷の岩場などにも自生し、庭の花壇でもよく見られる。常緑低木で、花の色は白・桃色・赤など、八重咲きもある。

セッコク(石斛)
セッコク(石斛)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜6月【ラン科】セッコクは本州(岩手県以南)・四国・九州の山谷の岩場や樹上に生える着生植物。花の色はわずかに赤紫がかった白で、芳香を放つ常緑の多年草。薬草としては、全草を用い干して健胃・強壮とある。
センニンソウ(仙人草)
センニンソウ(仙人草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜9月【キンポウゲ科】センニンソウは全国の日当たりの良い山野に自生する多年草の蔓性植物。4枚の白い花弁のように見えるのは萼片で、仙人の髭のような白く長い毛をもつ果実をつける。毒草に分類されており、水泡・胃腸炎・血便の中毒症状。

シャグマユリ(赤熊百合)
シャグマユリ(赤熊百合)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【ツルボラン科】シャグマユリは南アフリカの高地原産の常緑多年草で、日本には明治中期に渡来。別名トリトマ。上写真のものは、高知県中西部の民家の裏庭にあるもので、花色は蕾の時は橙〜赤で、開花時は黄色。
シュロ(棕櫚)
シュロ(棕櫚)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月頃【ヤシ科】シュロは水捌けの良い場所を好む寒暖にも強い常緑高木。南九州原産のワジュロ(和棕櫚)と、中国原産のトウジュロ(唐棕櫚)があり、ワジュロは葉が垂れる。シュロ皮の繊維は腐りにくく伸縮性に富む。

シュロガヤツリ
シュロガヤツリ(棕櫚蚊帳吊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月 【カヤツリグサ科】シュロガヤツリは東アフリカ・マダガスカル原産の帰化植物で常緑多年生草本。夏から秋にかけて淡褐色の花穂をつける。水質浄化に適した植物との調査結果がある。
タカサゴユリ(高砂百合)
タカサゴユリ(高砂百合)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【ユリ科】タカサゴユリは近縁種のテッポウユリ(鉄砲百合)に似た台湾原産の多年生草本球根植物。鉄砲百合よりも大きく、花は白をベースに薄い紫の筋が入る。急激に繁殖したかと思うと翌年には全然観測されなくなる。

タケニグサ(竹似草)
タケニグサ(竹似草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【ケシ科】タケニグサは本州・四国・九州の山野に自生する多年草。茎は中空、大きな円錐花序をつくり、白い小花を沢山つける。全草が有毒で、嘔吐・血圧低下などの中毒症状をもたらす毒草に分類されている。
トケイソウ(時計草)
トケイソウ(時計草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜8月【トケイソウ科】トケイソウはブラジル原産の蔓性植物で、江戸時代中期に渡来。名前のように時計の文字盤のような形の花で、秋にオレンジ色になる。近縁種に鮮やかな赤色のコクシネアや果実が食用になる果物時計草など。

ハナウリクサ(花瓜草)
ハナウリクサ(花瓜草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【ゴマノハグサ科】ハナウリクサはインドネシア原産の一年草。一般にトレニアと呼ばれる。花は筒状で薄紫、先端部は濃い紫色、唇弁の中央に黄色の斑がある。非耐寒性ですが、室内や温暖な地域なら冬場でも咲いている姿を見る事ができます。
ツユクサ(露草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【ツユクサ科】ツユクサは日本全国の平野部に見られる一年草。花弁3枚の青い花をつけ、茎は地面を這う。柔らかい葉を用いておひたしやサラダの事例あり。また薬草としての効能は、脳血栓の予防・治療、解熱・下痢止めなど。
拡大写真
ツユクサ(露草)



ウチワサボテン
ウチワサボテン(団扇仙人掌)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【サボテン科】ウチワサボテンは一般によく見られる団扇のような形をしたサボテンで、表面に棘のある多肉植物。多年草で、初夏に雄しべを多数もつ黄色い花を咲かす。花の後にカクタスペアと呼ばれ食用になる果実をつける。
ウツギ(空木)
ウツギ(空木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜5月【ユキノシタ科】ウツギは日本全国の山野に見られる白い花を咲かす落葉低木。別名はウノハナ(卯の花)。茎が中空のため空木と呼ばれている。ウツギの仲間にはマルバウツギ、コガクウツギなど多くの種類が存在する。

ヤマニシキギ
ヤマニシキギ(山錦木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ニシキギ科】マユミ(真弓)とも呼ばれる日本や朝鮮半島原産の落葉小高木で雌雄異株。粘り強い材質で、昔は弓の材料に使ったそうです。ヤマニシキギの花は薄いピンクがかった白色、または緑白色の4弁花。腰痛に効能とある。
ヤマハゼ(山黄櫨)
ヤマハゼ(山黄櫨)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ウルシ科】ヤマハゼは関東以西の本州や四国・九州などの暖かい山野に自生する落葉小高木。秋にはきれいに紅葉するが、有毒植物で特に樹液に触れると皮膚炎に。なお、ロウソクの蝋(ロウ)を採取するのは近似別種のリュウキュウハゼ。

ユキノシタ(雪の下)
ユキノシタ(雪の下)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ユキノシタ科】ユキノシタは湿り気の多い半日陰の場所に自生する多年草。花は独特の形の5弁で、上側の小さな3弁は薄紅色に赤い斑、下側の大きな2弁は白色。葉は天ぷらなど料理に、薬草としても解熱・歯痛・腫れ物などに効能。
ゼラニウム
ゼラニウム(Pelargonium hortorum)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜7、9〜10月【フウロソウ科】ゼラニウムは南アフリカ原産の多年草で、別名はテンジクアオイ(天竺葵)。花の色は赤、桃色、白など。独特の臭いがあり、挿し木で容易に繁殖。園芸種が多く花の色や葉の形も多彩。

ユズ(柚子)
ユズ(柚子)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ミカン科】ユズは中国原産の常緑小高木で、柑橘類の中では最も寒さに強い。結実までの期間で「桃栗3年、柿8年、柚子13〜18年」。花は白い5弁花。接ぎ木でなく種から育てた「実生(みしょう)柚子」は棘も鋭く香りも強い。
コムラサキシキブ
コムラサキシキブ(小紫式部)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【クマツヅラ科】コムラサキシキブは日本原産の落葉低木。花は小さな淡紫色の散房花序。秋に小さな紫紅色の果実をつけ観賞用に利用。枝葉の汁を寄生性皮膚病の外用に。
五十音順・夏の花リスト

オシロイバナ(白粉花)
オシロイバナ(白粉花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月【オシロイバナ科】オシロイバナは熱帯アメリカ原産の多年草で、日本には江戸時代初期に渡来。別名のユウゲショウのように夕方から咲き始める。花の色は赤・黄・白など。花弁はなく花弁のように見えるのは萼(がく)。
グラジオラス
グラジオラス(Gladiolus)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【アヤメ科】グラジオラスは別名をトウショウブ(唐菖蒲)またはオランダショウブ(阿蘭陀菖蒲)といい、原産地は熱帯アフリカや地中海沿岸。球根植物で、花の色も黄・赤・橙・白など多彩。日当たりの良い、排水も良い場所が適す。

ホオズキ(鬼灯、酸漿)
ホオズキ(鬼灯、酸漿)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【ナス科】ホオズキは東南アジア原産の多年草で、別名はカガチまたはヌカヅキ。下向きの淡黄白色の花が咲き、花後の六角状の萼の部分が袋状に成長し果実を包む。熟すと果実・萼共に赤くなる。解熱・利尿・咳止めに効能。
ヒメドコロ(姫野老)
ヒメドコロ(姫野老)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【ヤマノイモ科】ヒメドコロは関東以西の山野に自生する蔓性の多年草。同じヤマノイモ科に属するオニドコロやタチドコロとの見分けが難しいようです。なお、滋養強壮などで有名なヤマノイモは右上巻きなのに対しヒメドコロは左上巻き。

ムラサキツユクサ
ムラサキツユクサ(紫露草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【ツユクサ科】ムラサキツユクサは北アメリカ原産の常緑多年草。3枚の花びらと、中心部に密生した細長い毛が特徴です。似た品種の大紫露草は萼(がく)に毛があり区別できるそうです。朝に咲き午後には萎む一日花。
オニユリ(鬼百合)

(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【ユリ科】オニユリは日本全国の山野に自生する多年草で、大型の鱗茎を持つ。オレンジ色の花弁に黒紫色の斑点をもつ花を咲かす。生の鱗茎は栄養豊富で食用にもなり、薬草としても利尿・咳止めなどにも効能。

マンリョウ(万両)
マンリョウ(万両)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【ヤブコウジ科】マンリョウは日本を含むアジア原産の常緑低木。散形花序の白い花。秋に赤・白・黄色の果実をつける。センリョウと共に正月の縁起物として利用。根を薬草として利用。
オリエンタルユリ
オリエンタルユリ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:夏【ユリ科】オリエンタル・ハイブリッドと呼ばれるユリの品種群は、ヤマユリやササユリなどの日本の原種ユリを基に育成されたものだそうです。写真の百合も裏庭で非常に良い香りを放っていました。

ノビル(野蒜)
ノビル(野蒜)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【ユリ科】日本全国に分布する多年草で、別名ノノヒル。花弁は6枚で細長く、白色や薄紫色。ラッキョウに似た鱗茎は、酢漬けなどにして食べる事ができる。生か焼いて食すと健胃・整腸・食欲不振などに効能有り。すりおろせば鎮痛などにも。
ネズミモチ(鼠黐)
ネズミモチ(鼠黐)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月【モクセイ科】別名タマツバキ。花は白色で、花弁は外側に反り返っている。葉は厚く鋸葉状。女貞子と呼ばれるネズミモチの黒い実は、煎じれば強壮・強心・利尿・目のくらみに薬効ありとの事。揉んだり煮たりした葉、及び煎液は腫れ物や諸瘡に。

ハス(蓮)
ハス(蓮)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【ハス科】ハスはインド原産の多年生水生植物。早朝に白またはピンクの花を咲かせ昼頃には閉じる。地中の地下茎から茎を伸ばし、葉を水面に出す。ハスの葉は円形で切れ込みがないが、スイレンの葉は円形〜楕円形で切れ込みがある。
シカクマメ(四角豆)
シカクマメ(四角豆)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【マメ科】シカクマメは熱帯アジア原産の多年草、日本では冬場に枯れるため一年草扱い。シカクマメはさや(鞘)だけでなく、花や葉、熟した豆および地下茎の芋も食用にできる。癖のないさっぱりした、シャキシャキ感のある味。


ツルマンネングサ
ツルマンネングサ(蔓万年草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【ベンケイソウ科】ツルマンネングサはアジア原産の帰化植物で多年草。花弁は5枚、星に似た小さな黄色い花を咲かせる。葉は多肉質で黄緑色もしくは淡緑色。3枚並んでいるのが特徴である。繁殖力が強く、千切れた葉だけでも根を張る。
ジャガイモ
ジャガイモ(じゃが芋)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7月【ベンケイソウ科】ジャガイモは南米原産の多年草。ナスの花に似た花を咲かせる。花の色は赤・白・紫と品種によってばらつきがある。芽や緑に変色した皮は毒性があり、食べると嘔吐・腹痛・徐脈などの症状が出る恐れがあるので注意。

サヤエンドウ(莢豌豆)
サヤエンドウ(莢豌豆)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜6月【マメ科】サヤエンドウはヨーロッパ原産の一・二年草。さやの硬さによって硬莢種・軟莢種に分けられる。硬莢種の花は赤色、軟莢種の花は白色。一枚の花びらで雄しべと雌しべを包んだ「蝶形花」と呼ばれる形をしている。
ナガミヒナゲシ
ナガミヒナゲシ(長実雛芥子、長実雛罌粟)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜5月【ケシ科】地中海沿岸〜中欧原産で、別名ナガミノヒナゲシ、ロング・ヘッデッド・ポピー。花の色は赤色・橙色。実に大量の種が詰まっており、瞬く間に繁殖する。ケシ科の植物だが、阿片の原料となるアルカロイドは含まれていない。

イヌツゲ(犬黄陽)
イヌツゲ(犬黄陽)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月【ツバキ科】別名ニセツゲ、ヤマツゲ。本州・四国・九州に分布している常緑低木。鋸葉状で、白くて小さい花を咲かせる。秋には紫黒色の実をたくさんつける。ツゲの木に似ているが別種である。イヌツゲは庭木にされることが多い。
クチナシ(梔子・巵子)
クチナシ(梔子、巵子、支子)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【アカネ科】クチナシは6花弁の白い花を咲かせる常緑低木。実は食品用の着色料として使用される。薬効は実を乾燥させて粉末にし、小麦粉と卵白で練ったものを塗っておくと打撲や捻挫に効能有り。生薬名は山梔子(さんしし)。

イトバハルシャギク
イトバハルシャギク(糸葉春車菊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【キク科】イトバハルシャギクは北アメリカ原産の多年草。コスモスに似た黄色い花を咲かせるので、別名宿根秋桜(シュッコンコスモス)と呼ばれる。名前の通り葉が糸のように細い。丈夫な植物で、乾燥した場所を好む。
ストケシア
ストケシア(Stokesia laevis)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【キク科】北アメリカ原産の多年草で、別名ルリギク、エドムラサキ。花の色は青・紫・白・黄色・ピンクなど。細い花びらがたくさん並んでいる(舌状花)ように見えるが、実は大きな花びらが5つに裂けている。乾燥に強い。

オオキンケイギク
オオキンケイギク(大金鶏菊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【キク科】北アメリカ原産の多年草。黄色の舌状花で、花びらが鶏冠に似ている事からこの名前で呼ばれている。日本の在来種に悪影響を与える為、特定外来生物に指定されている。これにより栽培や販売などは原則禁止である。
マツバボタン
マツバボタン(松葉牡丹)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【スベリヒユ科】南アメリカ原産の一年草。松のように葉が細く、牡丹に似た花を咲かせる。花は一重咲きと八重咲きがある。暑さや乾燥に強く、日光が当たらないと花が咲かない。別名ホロビンソウ(不亡草)、ツメキリソウ、ヒデリグサ(日照草)。

ゴーヤ(蔓茘枝)
ゴーヤ(蔓茘枝)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜9月【ウリ科】ゴーヤは熱帯アジア原産のつる性の一年草。花弁は5枚で黄色い。オレンジ色に熟した果実を乾燥させて煎じると、解熱や解毒に効能有りとのこと。未熟果を糖尿病の血糖値降下の為に使用する国もある。別名ニガウリ。
サカキ(榊)
サカキ(榊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月【ツバキ科】サカキはアジア原産の常緑小高木。花が4個ほど集まり下向きに咲く。花弁は5枚で白く葉は厚めで光沢がある。榊の実。類似種のヒサカキと区別する為にホンサカキと呼ぶ事もある。神事の玉串として神前に供えられる。

タイマツバナ(松明花)
タイマツバナ(松明花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【シソ科】別名モナルダ。唇形花で花色は赤・白・ピンク・薄紫など。葉の香りが香水などに使用されるベルガモットオレンジに似ている事から、ベルガモットと呼ばれる場合もある。薬効は鎮静・鎮静作用や消化機能の向上など。
オオカッコウアザミ
オオカッコウアザミ(大霍香薊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【キク科】オオカッコウアザミは南アメリカ原産の一年草。ふんわりとした花をたくさんつける。花色は青・白・ピンク・紫など。葉は幅の広い卵型。別名ムラサキカッコウアザミ、アゲラタム。
五十音順・夏の花リスト

ヤブコウジ(藪柑子)
ヤブコウジ(藪柑子)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【ヤブコウジ科】別名ジュウリョウ。花の色は白か薄桃で、下向きに咲く。星に似た花には紫色の小さな斑点がある。根や根茎を刻んで乾燥させたものを紫金牛(しきんぎゅう)という。薬効は解毒・のどの腫瘍・咳。→ヤブコウジの実はコチラ。
トウモロコシ
トウモロコシ(玉蜀黍)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【イネ科】トウモロコシはアメリカ熱帯地方原産。茎の頂上に生えた穂が雄花、実についたヒゲが雌花である(写真は雄花)。このヒゲを南蛮毛といい、薬効は腎炎・かっけ・利尿・浮腫の治療。カワラヨモギを加えると黄疸にも効能有りとのこと。

オクラ(秋葵)
オクラ(秋葵)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月頃【アオイ科】アフリカ原産の多年草で、別名アメリカネリ、オカレンコン(陸蓮根)。花色は淡い黄色に中心が暗紅色。花弁は5枚で、食べる事もできる。実のネバネバはコレステロール値の抑制や高血圧、骨粗しょう症に効能有りとのこと。
モッコク(木斛)
モッコク(木斛)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7月【ツバキ科】モッコクは温暖な地域に生育する常緑中高木。花は薄いクリーム色で花弁は5枚。下向きに咲き、とても良い香りがする。花が終わると赤い実をつけるので別名アカミノキとも呼ばれる。庭木として人気が高く、江戸五木の一つである。

ネムノキ(合歓木)
ネムノキ(合歓木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4〜6月【バラ科】ネムノキは別名ネム、ネブ。小さな花が一つの大きな花のように集まっている。ピンク色の毛は伸びた雄しべ。葉や樹皮を乾燥させたものを合歓皮(ごうかんひ)という。薬効は利尿・強壮・鎮痛・腫れ物・精神安定など。
キュウリ(胡瓜)
キュウリ(胡瓜・木瓜・黄瓜)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【ウリ科】インド原産のつる性植物。甘い香りのする花をやや下向きに咲かせる。花弁は5枚。雌花の下の子房が大きくなったものがキュウリである。乾燥させた茎や葉は、胃痛・利尿・腎炎・かっけ・むくみに効能ありとのこと。


ボタンクサギ
ボタンクサギ(牡丹臭木)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜9月【クマツヅラ科】花びらは5裂して反り返り、葉は広卵形で鋸葉状。枝葉を傷つけると臭気を発する。薬効は枝葉を煎じて飲むと高血圧・下痢・リュウマチに。痔や腫れ物には煎じ汁を患部につけるとよい。別名ヒマラヤクサギ、ベニバナクサギ。
ムラサキクンシラン
ムラサキクンシラン(紫君子蘭)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【ユリ科】ムラサキクンシランは南アフリカ原産の多年草。花弁は6枚、淡紫色・白色の花を横向きまたは下向きに咲かせる。根が太く強い。園芸品種は300種以上存在する。別名アガパンサス、アフリカンリリー。

クレオメ
クレオメ(Cleome hassleriana)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月【フウチョウソウ科】クレオメはアメリカ原産の非耐寒性一年草。乾燥に強く湿気を嫌う。花弁は4枚で、花色は桃・白・紫。夕方に咲き始め、翌日の昼頃には花色が薄くなる。別名スイチョウカ(酔蝶花)、セイヨウフチョウソウ、スパイダーフラワー。
スカシユリ(透百合)
スカシユリ(透百合)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜8月【ユリ科】花弁の根元が大きく開く事からスカシユリと呼ばれる。写真のスカシユリは自生のスカシユリではなく、恐らく園芸品種だと思われる。花の色は黄色・橙色で、杯状の花を上向きに咲かせる。海岸の砂地や崖、岩場を好む。

モミジアオイ(紅葉葵)
モミジアオイ(紅葉葵)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【アオイ科】モミジアオイは北米が原産の耐寒性宿根草。草丈は大きいもので約2mにもなり、ハイビスカスに似た大型の花を咲かせる。モミジのように切れ込んだ葉が特徴で、名前の由来でもある。別名紅蜀葵(こうしょっき)。
セリ(芹)
セリ(芹)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【セリ科】セリは別名を白根草(しろねぐさ)といい、非常に小さな白い5弁花をつける。葉は1〜2回羽状複葉で小葉が5〜7つ。茎葉を揉むと香気を放つ。有毒なドクゼリと間違えないよう注意。薬効は食欲増進・解熱・神経痛・リューマチなど。

ミゾカクシ(溝隠)
ミゾカクシ(溝隠)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月〜10月 【キキョウ科】ミゾカクシは湿地を好む水田雑草で、草丈は大きくならないが節ごとに根を張り広範囲に群生する。花が下方に広がって咲く特異な形をしており、中国では半辺蓮(はんぺんれん)と呼ばれている。別名アゼムシロ。
ムクゲ(槿・木槿)
ムクゲ(槿、木槿、無窮花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月【アオイ科】中国原産の落葉樹で別名ハチス、キハチス。観賞向きで花色は白・紅・紫・ピンク、一重咲きや八重咲きなど。樹皮を乾燥させた「木槿皮」が水虫・疥癬・解熱・解毒などに、蕾を乾燥させた「木槿花」が下痢に薬効ありとの事。

マルバルコウソウ
マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜10月【ヒルガオ科】マルバルコウソウは、江戸時代に観賞用として米国から持ち込まれたものが野生化した植物。花は赤色かオレンジ色で五角形、葉は丸く大きい(スペード型)。つる性植物で蔓は左巻きである。薬効は痔ろう・解熱。
キンカン(金柑)
キンカン(金柑)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:春・夏・秋【ミカン科】別名キンキツ(金橘)、ヒメタチバナ(姫橘)。中国原産の常緑性低木。白色の5弁花で良い香りが。葉は長めの楕円形。キンカンの果実はビタミンCが豊富で咳・のどの痛みに効く薬として活用されてきた。疲労回復・不整脈にも。

カワラケツメイ
カワラケツメイ(河原決明)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜10月【ジャケツイバラ科】カワラケツメイの葉は互生の羽状複葉、花は黄色の5弁花で下向きに咲く。絶滅危惧種に指定されているツマグロキチョウの食草でもある。花と果実をつけた全草を刻んで乾燥したものは、強壮・脚気・腎炎・黄疸などに効能有り。
タラノキ
タラノキ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜9月【ウコギ科】幹には鋭い棘があり、葉は互生の2回羽状複葉で、白色の小さな花を多数付ける。新芽はたらのめ・タランボと呼ばれ、春の味覚として食される。栄養価も高く「山のバター」と呼ばれるほどである。薬効は糖尿病・健胃・強壮など。

コヒルガオ(小昼顔)
コヒルガオ(小昼顔)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜8月【ヒルガオ科】つる性多年草。ヒルガオよりも小型で、2cm〜5cmほどの小さな白い花(淡い紅色の花)を咲かせる。葉は三角形で両端が飛び出したホコ状。乾燥させるか、生の葉を絞って服用すれば利尿・神経痛・高血圧予防に薬効ありとのこと。
イヌビワ(犬枇杷)
イヌビワ(犬枇杷)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 果期:8〜12月【クワ科】葉は卵型楕円形で薄い。果実はビワよりもむしろイチジクに似ており、黒紫色に熟せば食べる事が出来る寄生蜂のイヌビワコバチと共生をする事で有名。イシガケチョウの食草でもある。別名イタブ、イタビ、姫枇杷。
五十音順・夏の花リスト

トサカケイトウ
トサカケイトウ(鶏冠鶏頭)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【ヒユ科】花穂がニワトリの鶏冠(とさか)に似ている。他にも花が尖ったヤリケイトウや、丸く咲く玉ケイトウなどがある。花色は赤色・オレンジ色・黄色。花や種子は薬用・食用することが出来る。別名鶏冠花(けいけんか)、韓藍(からあい)。
メヤブマオ(雌藪苧麻)
メヤブマオ(雌藪苧麻)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜10月【イラクサ科】高さは約1m。イガ状の小さな花をいくつもつけ、ブラシに似た花序が特徴。雌雄同株だがほとんど受粉せず、無性生殖を行う事が多い。葉は薄く先端が3つに切れ込んだ鋸歯状。シソの葉に似ており、両面には短い毛が生えている。

ホタルブクロ(蛍袋)
ホタルブクロ(蛍袋)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜7、9〜10月【キキョウ科】初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる多年草。高さは最大80cmくらいにまでなり数個の花をつける。花には柄がある。主に関東では赤紫の花が、関西では白色の花が多くみられる。
アマチャ(甘茶)
アマチャ(甘茶)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【ユキノシタ科】アマチャはヤマアジサイの甘みの多いものを選んで栽培したもの。まれに山中に自生するものも。 枝先に沢山の花をつけ花の色ははじめ淡紫色で後に淡紅色に変わる。8月に葉を摘み特殊な方法で発行させて甘茶を作る。

トコロ(野老)
トコロ(野老)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8月頃【ヤマノイモ科】トコロは夏に粒々した黄色い花が咲くつる性の多年草。原野に自生しており、葉はハート形で先がとがっている。根の部分にひげ根が多く、これを老人のひげに例えて「野老」と名づけられた。
エビスグサ(恵比須草)
エビスグサ(恵比須草、夷草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【マメ科】南アメリカ原産の一年草。花は黄色い5弁花、葉は小さい羽状複葉で互生している。豆の鞘を乾燥させ取り出した種子は生薬「決明子けつめいし)」として、視力回復・便秘・生活習慣病の予防と改善に効果があると言われている。


タチアオイ(立葵)
タチアオイ(立葵)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月頃【アオイ科】タチアオイは多年草ですが品種によっては一年草も。茎は円柱形で直立し草丈は1〜3m。下から上へ上へと次々に咲く大きな花をつける。。花色は濃赤、赤、ピンク、白、紫、黄色など。
キキョウソウ(桔梗草)
キキョウソウ(桔梗草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6月【キキョウ科】キキョウソウは北アメリカ原産の一年草。道端や荒地に生育している。5月頃までは閉鎖花をつけ、6月頃になると通常の花を咲かせる。花の大きさは2cmで、草丈は30cmくらいになる。

クリ(栗の花)
クリ(栗の花)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月【ブナ科】落葉樹で雄花は長さ15〜20cmほどで垂れ下がって咲く。花色は白〜クリーム色で、開花時には遠くからでも栗の木が分かるくらい木全体が白っぽくなる。栗の花には独特のにおいがある。参考)栗の実
クワノミ(桑の実)
クワノミ(桑の実)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 果期:4〜6月頃【クワ科】葉は薄く、ツヤのある黄緑色の落葉樹。15mに達するものもある。実の色ははじめは白く、のちに赤色になり6月頃になると実が熱して真っ黒くなる。ジャムや果実酒として食されている。

アメリカディゴ
アメリカディゴ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月【マメ科】アメリカディゴは南アメリカ原産の落葉低木で、和名をカイコウズ(海紅豆)といい、赤い花をつける。寒さに弱く、国内では関東以南で栽培されている。鹿児島県の県木。
チョウセンシオン
チョウセンシオン(朝鮮紫苑)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜9月頃【キク科】チョウセンシオンは別名チョウセンヨメナ(朝鮮嫁菜)と呼ばれ、朝鮮半島原産の多年草・帰化植物。明るい青紫色の舌状花をつける。野菊の一種で一部野生化しているものもある。

ウツボグサ(靱草)
ウツボグサ(靱草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【シソ科】ウツボグサは日本全国に分布し、日当たりの良い道端や草地に群生する多年草。夏に花穂が枯れてしまうことから別名は夏枯草。草丈は高さ10〜30cmで、径2cmほどの花穂を出し青紫色の唇形花を沢山つける。
ルドベキア
ルドベキア
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜10月【キク科】ルドベキアは北アメリカ原産の植物。草丈は30〜80cm程で基本の花色はオレンジや黄色ですが、中心部分が臙脂色でまわりが黄色の2色パターンや、ピンク、緑、白、濃赤などの品種も。

ハナスベリヒユ
ハナスベリヒユ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜10月【スベリヒユ科】ハナスベリヒユは別名ポーチュラカとも呼ばれ、真夏の炎天下でも元気に花を咲かせます。白・ピンク・黄色・オレンジ色などの花。夏の雑草であるスベリヒユとマツバボタンが掛け合わさった品種との説あり。
オニドコロ(鬼野老)
オニドコロ(鬼野老)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7〜8月【ヤマノイモ科】オニドコロは、蔓性の多年草で花は単性の雌雄異株。日本特産で北海道から九州にかけて普通に見られる。根茎はヤマノイモとは異なり、横に伸び硬い。
五十音順・夏の花リスト

サルビア(Salvia)
サルビア(Salvia)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:初夏〜秋頃【シソ科】サルビアはブラジル原産で本来多年草であるが、日本での園芸品種は春蒔きの一年草。茎の先端に赤色の花を付け筒状の萼と唇花が特徴。なお園芸品種では白、ピンク、赤、紫など多種。
ハンカイソウ(樊かい草)
ハンカイソウ(樊かい草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【キク科】ハンカイソウは茎の高さが1m程度になるキク科の多年草。葉は大きく、掌状に深く裂けている。茎の上部に黄色の頭花をつける。国内では本州の静岡以西、四国・九州に分布。

キツリフネ(黄釣船)
キツリフネ(黄釣船)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8〜11月【ツリフネソウ科】キツリフネは、低い山地近くの水辺などに咲く一年草。葉の下から黄色い花が釣り下がるように咲く。果実は触れると弾ける。毒草に分類されており、全草が毒性を持ち嘔吐・下痢などを引き起こすとの事。
オキザリス・デッペイ
オキザリス・デッペイ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜6、9〜11月【カタバミ科】オキザリス・デッペイ(Oxalis deppei)は、メキシコ原産で基部に黒紫色の斑をもつクローバーに似た四つ葉の多年草。冬には地上部は枯れるが球根で越冬し、春にはまた芽を出す。 別名、ラッキー・クローバー(lucky clover)

ミニトマト(プチトマト)
ミニトマト(プチトマト)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5〜8月【ナス科】ミニトマト(プチトマト)は緑黄色野菜であるトマトの一品種。ミニトマトの果実は小振りで凹凸が少なく、色は赤色や黄色など。下向きの黄色い花を付ける。雌雄同花(一つの花の中に雌しべと雄しべが存在)の風媒花。
ナス(茄子)
ナス(茄子)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜8月【ナス科】インド原産のナス(茄子)は、代表的な野菜として日本各地で栽培。紫色の花を下向きに付ける。果実は品種により大きさや形状が異なる。打ち身や捻挫の際に冷やした輪切りナスを用いる民間療法も。

アピオス
アピオス(アメリカほど芋)
(クリックで拡大写真・詳細画像) >花期:夏【マメ科】アピオスは別名アメリカほど芋と呼ばれ、北アメリカ原産のつる性植物。外側は緑白色、内側は紫褐色の蝶形花を密集して付ける。肥大した根茎は栄養価が高く、ネイティブアメリカンの貴重な食料だったそうです。
スイカ(西瓜)
スイカ(西瓜)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:夏【ウリ科】スイカは雌花と雄花が別々で、雌花は数が少なく花の元が果実状になっています。受粉は確実な人工授粉と、蜜蜂などによる受粉があるそうです。写真は露地栽培の西瓜の雄花です。

ササユリ(笹百合)
ササユリ(笹百合)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【ユリ科】ササユリは日本特産種で本州中部以西および四国、九州に分布。芳香のある淡いピンクの花を咲かす日本を代表するユリ。写真のササユリは民家の鉢植えで栽培されていたもの。名前の由来は茎・葉が笹に似ている事から。
テリハノイバラ
テリハノイバラ(照葉野茨)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6〜7月【バラ科】テリハノイバラは、白色の5弁花を付ける落葉つる性低木。ノイバラに比べ、葉の表面のつやが強く花が大きい。写真のテリハノイバラは、山間部で自生していたもので、ヒメサナエなどのサナエトンボの撮影途中に見つけた。


ヒャクニチソウ
ヒャクニチソウ(百日草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:初夏〜晩秋【キク科】ヒャクニチソウはメキシコ原産の一年草。別名ジニア。日当たりがよく、水捌けのよい肥沃な土の場所を好み、高温に強い。園芸品種の花の色は赤、黄色、白、ピンクなど豊富。属名のジニアはドイツの植物学者に由来。
ハマゴウ(蔓荊)
ハマゴウ(蔓荊)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7月〜8月【クマツヅラ科】ハマゴウは、海浜砂地に大群生する落葉低木。長く地を這う。枝先に円錐花序をだし、青紫色の唇形の花冠を多数付ける。果実は10〜11月に淡灰黒色に熟す。茎葉や果実が薬用になる。神経痛、中耳炎、風邪、頭痛などに効能。

ヤブラン(藪蘭)
ヤブラン(藪蘭)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8月〜9月【ユリ科】ヤブランは日本・東アジア原産の常緑多年草。林の中の陰地に自生。葉の縁に小さな鋸歯がある。淡紫色の小さな花が、花茎の上部に総状花序につく。秋に根の肥大部を採取乾燥し薬用に。滋養、強壮、咳などに効能。
フイリヤブラン
フイリヤブラン(斑入り藪蘭)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8月〜10月【ユリ科】フイリヤブランは、ヤブランの葉の縁に白い線が入った常緑多年草。元々は山地に自生していたものであるが、園芸品種として出回っている。 耐寒性があり、年間を通じて日陰の場所の方が綺麗な葉になる。

ヒメジョオン
ヒメジョオン(姫女苑)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月〜8月【キク科】ヒメジョオンは、北アメリカ原産の1〜越年草。頭花は小さく(直径約2cm)、上部の枝先に多数つく。舌状花は白色ないし淡紫色を帯びた白。類似種のハルジオンは4〜5月後に咲き、花弁がピンクがかって糸のように細い。
アカメガシワ
アカメガシワ(赤芽柏)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月〜7月【トウダイグサ科】アカメガシワは、雌雄異株の落葉高木。別名ヒサギ、ゴサイバなど。材の用途は薪炭、建築材、器具材など。若葉は赤く美しい。雄花は淡黄色で、枝先の円錐花序に花弁の無い小さな花を多数付ける。葉や樹皮は薬用に。

コセンダングサ
コセンダングサ(小栴檀草)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:夏〜秋【キク科】コセンダングサは、野原に自生する一年草。各枝先に黄色の管状花(両性花)のみからなる頭状花をつける。そう果は線形で先端に下向きのトゲがある。全草が薬用になり、解熱、下痢止め、腫物などに効能。
ソバ(蕎麦)
ソバ(蕎麦)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月〜10月【タデ科】ソバはタデ科に属する一年草。枝先に総状花穂を出し、白色〜淡紅色の小花を付ける。観賞用の赤い花もある。国内では主に実を製粉して蕎麦粉として利用。民間療法として、ソバ粉に水を加え練って腫れ物に効能。

アップルミント
アップルミント
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月〜9月【シソ科】アップルミントは、繁殖力が強い植物で、地下茎でも種子でも広がる。ハーブとしても強い部類で、土を選ばず寒さにも強い。香りは、地下茎で繁殖した場合は変わらないが、種子で増やした場合徐々に香りが鈍くなる。
カエデドコロ
カエデドコロ(楓野老)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7月〜8月【ヤマノイモ科】カエデドコロは、関東地方以西の温暖な地方に生える雌雄異株の蔓性多年草。名前の由来は、葉の形がカエデに似る事から。雄花序は枝分かれして多くの黄色い花がつく。雌花序は葉腋から垂れ下がり橙黄色の花がつく。

クロウエア
クロウエア
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:4月〜10月【ミカン科】クロウエアは、オーストラリア南部原産の常緑性低木で、別名サザンクロス。花の色は濃ピンクや淡ピンク、白があり、花の表面に蝋のような光沢がある。名前(クロウエア)は、イギリスの植物学者ジェームス・クロウに由来。
セロリ
セロリ(celery)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月〜6月【セリ科】セロリは、独特の強い香りがあり、葉、茎、根などほぼ全ての部分が食用になる。別名オランダミツバ、清正人参など。トウが立ち花が咲くと葉っぱが硬くなって食べられないので、栽培サイクルに工夫が必要。

ナンバンギセル
ナンバンギセル(南蛮煙管)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:8月〜9月【ハマウツボ科】ナンバンギセルは、稲や薄(ススキ)などイネ科の単子葉植物の根に寄生する寄生植物、一年草。淡紅紫色の筒型の花を横向きに1個つける。刮ハは卵形で中に多数の小さな種子がある。近縁種にオオナンバンギセルがある。
ペンタス
ペンタス
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月〜11月【アカネ科】ペンタスは、熱帯アフリカのマダガスカル原産の園芸品種で、別名クササンタンカ。ペンタスの名前はギリシア語で数字の5を意味するペンテに由来。花色は紅・紫・白・ピンクなどがある。暑さに強く真夏でも花を咲かす。

ナツフジ
ナツフジ(夏藤)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7月〜8月【マメ科】ナツフジは、蔓性落葉木本で別名ドヨウフジ(土用藤)。蔓は左巻きで、花は淡黄白色の蝶形花で、総状花序が垂れ下がる。葉は長さ10〜20cmで、奇数羽状複葉。果実は豆果で表面は無毛。秋に熟すと2裂して種子を飛ばす。
テイカカズラ
テイカカズラ(定家葛)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月〜6月【キョウチクトウ科】テイカカズラは蔓性常緑低木。有毒植物で茎葉や汁液に毒成分含む。枝先に白色の芳香のある花を咲かす。花冠の下部は細い筒状、上部は5裂して半開に。名前は平安朝の歌人藤原定家に由来とされる。

ミドリハカタカラクサ
ミドリハカタカラクサ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:6月〜8月【ツユクサ科】ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)は、南アメリカ原産の帰化植物。花弁は白色で3枚。雄しべ6個、雌しべ1個。葉の下面は緑色。オオトキワツユクサに似ているが花が小さい。花柄や茎は赤くならない。
アフリカホウセンカ
アフリカホウセンカ
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:初夏〜秋【ツリフネソウ科】アフリカホウセンカは、インパチェンスとも呼ばれる一年草の園芸植物。開花期間が長く、日陰でも花を咲かせる。原産地(アフリカの東部・南部)が高冷地であるために高温多湿に弱い。増殖力が強くこぼれ種でも生える。

サツマイモ
サツマイモ(薩摩芋)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:7月〜8月【ヒルガオ科】サツマイモ(薩摩芋)の花は、ピンク色でアサガオに似ている。鈍感な短日性であり温帯地域では開花しにくく、品種や栽培条件によってまれに開花する。花の数が少なく受粉しにくい。別名は唐芋や甘藷など。
ニンジン
ニンジン(人参)
(クリックで拡大写真・詳細画像) 花期:5月〜7月【セリ科】代表的な野菜のニンジン(人参)は、多数の白色で五弁の小花を付ける。一般に畑で栽培するニンジンは、花茎がのびる前に収穫をするので花を見る機会は意外と少ないかも。写真の人参も収穫せずに畑に放置されていたもの。

夏の花・夏に咲く花 一覧表【アイウエオ順】