高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
志和・磯・釣果

志和の最新釣果情報

ベテラン磯釣りファンの多い高知県四万十町志和の磯



高知県四万十町志和の磯は、釣りファンに人気の上物・グレや底物の石鯛・石垣鯛など狙える名磯の多い釣りポイントです。また釣りを愛しハエを知り尽くした常連客の割合が高いのも特徴です。
※当釣果情報は、志和のくろはえ丸渡船さんよりいただいた情報に加筆・一部修正したものです。




2019年4月28日(日)晴れ曇り

「一週間の後蓋差です」、何て昔のTV番組のプロローグ有りましたよねぇ。 波のダメージと、長い休み開けの”何も居ない”は、感じなかったなぁ。水温は、19度台突入にシイラの回遊を観た。上り潮は続かず、一旦止まり弁当船時には下りだすも、まさかの二度目のストップに終了してしまった。また、朝は寒さを感じ、日中の弱い陽射しには暑さを感じたが、午後からの南風には寒さもあった。 底物釣りのクロハエ船着き場と南面は、餌保ちの良さにウニ餌を唯一にしたのです。ミノコシは、未だ赤貝を使いたいが、此処もウニ餌にチェンジしても良いでしょうと。コグロトクスケも同様に。さてさて、サンノジの釣果の有ったクロハエ船着き場は、ウニ餌にカンカンとガキが当たって来ていたんです。結果、どのハエも思いの獲物の釣果は無しでしたが、いい意味朗報有りとした。 上物釣りのクロハエ東端、見えて来たシイラにジグを投入するが、まるで興味を表さなかった。サンノジ・サンノジと、イサキ・イサキ、旨そうに肥えたヒダリマキに、最後に真鯛(写真1)をゲットとしたのです。 マゴと船着き場に別れ、そこそこに良い頻度の当たり。強引に走る当たりは、釣り針の上か切られる”バレ”も3度を共有した。40cm迄のグレ(写真2)と、サンノジとアイゴも居たんです。 カブリは、30cm+型のグレ3尾にコッパを混ぜ、そこそこに楽しんだそうです。残念なのがミノコシの上物釣りで、30cm足らずとコッパグレの少漁に終わったのです。 見廻り船から、日和落ちの前兆の波気立ちを呼んで、迎え船時のは明日に出港に陰りを見せたのです。
<小潮>干潮(7:52/19:38)、満潮(1:57/12:32)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2


2019年4月21日(日)晴れ
良く吹いた西風に、静かな海面を広げた。18.3度の水温、若干白みの潮色は下り潮。弁当船時には、内磯に反転流をみせていた。南からの湿り気のある空気が、山の上半分にガスを濃くしていた。しかし温い!。汗ばみに、肌着をさらけてしまうのです。 全員が底物釣り。予想通り、クロハエの船着き場の餌盗りは凄い。しかもウニ餌にですよぅ、当たって来て確実に消費していくんです。タナを替えるも、必要に追っかけてきてました。手持ち20個足らずのウニ餌が無く成り、赤貝餌は使わず弁当船で竿終いとした。同ハエ南面、9時頃に64cm石鯛(銀)を赤貝でゲットです。ついつい、渾身の力を出してしまったと、ガキも1尾追加としてました。船着き同様、手持ち赤貝餌を消費してしまい弁当船時に竿終いとした。ガキは未だ居るとの事です。コグロの餌落ちはユックリ過ぎ。「替わる」と、クロハエの釣れた情報に居るかも。しかし、時合いは午後に繋がら無かったんです。ミノコシは、赤貝には当たってもウニには不動を保った。 さて、帰りトクスケが手を振ってるでは。「帰る」と、クロハエの情報に色めくものの、?手放しで喜ばない素振りが後で解った。港に着くと残り餌のストックかと、50cm型の石鯛を神経ジメしてるんです。「釣ったよ」と、ひねくれた奴を演じた。餌の盗り様は、まだ赤貝で対応できる範囲とか。そそくさと止めたのは、何かあるんじゃ〜・・。この後、コーヒータイムにネタばらし。一寸以上にてんくってます。南東からの風は”温”を過ごして、「暑い」と汗ばんでしました。西の山には、半分以上をガスに隠していました。夏に成っていくんですね。
<大潮>干潮(0:53/13:12)、満潮(6:45/19:43)

2019年4月17日(水)晴れ
15・16日と二日間の船体ドック。知らずに来てた方、「ご免なさ〜い」。 16日の夕前よりも波気だってた朝。西風から東風に替わり、後々には周期が短く深い波浪荒れを呼んだのです。水温17.6度の下りの”鯛潮”は、午後を通して流れていたのですが、東端に陣取り無し。 弁当船時、クロハエの底物から「ガキ」って返ってきた。サンノジの続きガキが当たり出すと、もう赤貝での対応としては限界です。船着き・南面でガキを追加していました。同ハエの上物釣りは、グレ釣果は有ったとだけの報告でした。 マルバエは、アオリイカを泳がせでと。不覚にも酸欠を起し残り5尾の活アジ。これが拍車と成ったのか、3尾の内2尾にアタって2ハイのアオリ。しかも、共に2kg越のサイズ(写真1)に「どおやっ」。内1ハイは沖にウキ、それを鳶に狙われたと。動作の遅い釣りにスリルが入り、狙うと狙われる側を実感したそうです。この弁当船から”オオラ”波は頭も折りだし、撤収をよぎったんです。が、以上には来なく、荒いながらも最後まで時間を繋ぎました。コウデのイカ泳がせは、何も来なかったそうでした。写真3は、朝の1時間のタイラバ釣果。50cm台のオオモンハタ2尾とガシラを加え、鍋の用意でしょかねぇ。
<中潮>干潮(10:42/22:56)、満潮(4:39/16:42)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2019年4月13日(土)晴れ
荒目な位の波に、渡礁し竿振り出来るか不安の出港となった。17.6度の潮はキレイそうで、上り沖出しの流を確認した。予想外の荒れが一日荒さが続くのかと。午後から南風は違う荒れを呼んだが、夕方前には温和しい海面に、息をも落ち着かせたのです。 渡礁時の釣り場洗いに、先ずは荷の置き場を決めるが先決のマゴ船着き。9時境の時合いから、35cm迄のグレを3と4尾の連続釣果(写真1)をみせた。が、弁当船後波弱りをみせだすが、南からの風をに釣り辛さを感じ竿終いとした。クロハエの底物は、船着き場と南面でのチャレンジ。サンノジの強烈な餌盗り無いものの、赤貝の消費に大いに貢献してくれたのです。南面は、朝一に40cm型の石鯛(縞)後、57cmの石鯛(写真2)をニコリと追加した。船着き場は悲しきかな、かわらぬサンノジの餌盗りを通したのです。一定潮流がない東端。それでも、サンノジの中から良型の真鯛(写真3)を釣り揚げたのです。都度都度竿曲げは有るものの、得たのはこの獲物だけ。陽気で、悲観を飛ばしていました。カブリは、魚気無しと荒れにミノコシ移動。マキエ釣りそっち除けにミノーを飛ばし、50cm型のヒラスズキを3尾ゲット。 コグロは前者と入れ替わりに、裏側にまわって35cm迄のグレ3尾。コウデの泳がせのイカ狙いは、トクスケに移動するも、この荒れの浜濁りと南風に白旗でした。なんか?、後に続かない感じが強いですねぇ。真鯛に続いて、イサキにながれて行こうかな時期ですがぁ。季節変わりの天候に、振り回されています。それに、チャ〜ンと流れようよ”潮”君!
<小潮>干潮(5:35/18:31)、満潮(0:21/10:51)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2019年4月8日(月)晴れ
7日朝の下りは、キレイな潮色に一変していた。17.5度の水温は、午後から18度に届く上り潮に。この潮にシイラの回遊が見え、元気モリモリかと・・。しかし、急な変化は不安のよぎりも平行する。 この日の釣りは釣れんな〜と。コウデは、グレ4尾(写真1)とマズマズと。また、内容も悪くない事を聴く。 しかし、カブリは28cm迄のグレは釣れても、思いの獲物と船着き→東向き→北の船着き場に移動してで2度の豪引きに合うが、後には静まり返って終ったのです。 クロハエ東端。弁当船時に「釣れない」と、手を振り返してきた。その後、青物だろうの引きは底物場まで駆けるる移動にもバレて終う。これが2度も有ったと、遣る瀬無しと背を曲げての帰港と成ったのです。「ほんまかよ」と、肯き終わる。
-------------------------
8日、潮替わりの下り潮は18度。しかし、潮色の悪さに戻っていた。此処連日の”マゼ”(南風)の強風は、8時過ぎから吹き出した。が、今日は次第に弱りをみせだしたかと。見廻り船後からは、突風の西風。23度を超す気温に、”変な強風”と成ったのです。 クロハエ東端は、55cm+の真鯛・40クラス・30クラスとイサキを追加した。しかも、全て50m流したかのポイント。でも、風を嫌って弁当船時に竿終い。楽勝釣果とした。 マゴはイサキ2尾とグレ(写真2)に、頭に描いた釣りを言っていた。マゴの船着きは40cmのオナガ2尾。依然同場所での豪引きの経験から、物の違いを言ってましたね。上物の少ない釣果は、変わりなくと言った所です。コウデは、1.9kgのアオリイカ(写真3)を”泳がせ”でゲット。後にも来たが、イカで無く青物。仕掛けが青物には対応仕切れずだが、1尾はいい所まで寄せたがバレて終う。青物に混ぜられたと、見廻り船終いとした。ミノコシはシイラの回遊を言っていた。 コグロからクロハエに磯替わりの底物師。12時に来た当たりは胸をスク。65cm足らずの石鯛(写真4)にもニコニコ。「今期初獲物」と、(^O^)vでしょう。 潮の不安定は有ります。”マゼ”の荒さは確実に来てます。明日夕から、日和落ちって言ってましたね。
<中潮>干潮(1:25/13:45)、満潮(7:22/20:07)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

2019年4月6日(土)晴れ
5日は下り潮?、ハッキリと流を見せてくれない。その内にマゼが吹き出し、弁当船時には、舳先から飛沫分けに行ったのです(写真3)。水温17.6度、潮質として宜しくない5日です。 クロハエ東端、潮の流れが無いのに朝から苦戦。一投一投思案が続いた9時、スルスルッと道糸が出た。鮮明な気張れに慌て無い、ベールを起し合わすよりも引きが先の来たか。引きもさる事乍ら、目方ノリに竿は丸く弓を描く。冷静にニヤケたに違いない、優に60cm型の真鯛(写真1)です。後に35cm型のイサキ2尾を追加するも、釣れの悪さが先行していた。 早くにマゼが吹き出し、マゴに移動してからイサキ釣果を得た。東端同様に、釣れの悪さに頭打ちされていただけに、40cmかのイサキをひとしお喜んだのです。しかし、餌盗りの悪さとかに忍耐の一言でしたね。
-----------------------
6日、潮の動きも無く、いっそうの潮色の悪さに愕然です。朝の水温も17.4度、下り気の流?か、朝よりウウネリ波(写真2)も太りだして来たのです。 東端は1本指のサイン。マゴはグレ2尾か、ウネリ波出に思案気が見えていた。うかつだった、一声掛けてたらよかった。見廻り船前に、バッカン流したと連絡が来た。急ぎ船を走らせ、4点全てを回収するも、餌までは成らず竿終いと悲しい限り。それでも、35cm型のグレ2尾を釣っていて、追加の可能性も言っていた。東端はイサキとグレを追加するも、マゴ共に前日同様の釣れの悪さを聞くのです。 カブリはグレ3尾。ウネリ波に混ぜを予想し、ミノコシに移動した。今日の潮、餌盗り魚はチラリと見えただけ、刺し餌残りに悲しい竿終いをしたのです。5マイル沖まで、この潮色の悪さは有った。潮の動きを感じないまま終わり、明日にと続きそうです。
<大潮>干潮(0:28/12:42)、満潮(6:34/18:54)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2019年4月4日(木)晴れ
「冷やいね〜」、ここ最近の出航前の挨拶です。 静かだった海は、弁当船後に季節がらのマゼ(南風)が吹き出し、迎え船時にはザアザアと海面を騒ぎ出したんです。一寸早目の上り潮は17.8度の水温で、未だに濁り気が残っています。マゴの船着き場で4尾のグレ、30cm型の真ん丸いお腹のグレに40cm型(写真1)を混ぜていた。が、マゼに起こった風波をモロに受け出し、仕方なしにマゴに移動。此処でもグレ2尾を追加し、マズマズの成果を魅せてくれました。添えるように、数度のサンノジの竿を曲げ、10尾も居ないが邪魔気のボラが居た様です。渡礁して1時間位経ってやっとコッパグレが見えだした。その後に来た強烈な引いは、静かな水面に、一握りの石を投げ入れた衝撃。2度の突っ込みをかわし、魚を確認しタモ入れと言う時に最後のパワーを溜め込んだが〜。針の上からプツリと。相方さんにも似た引き込みがあったそうで、コッパグレに終わる魚影の少なさを言っていた。オキノカブリ(写真4)は”泳がせ”でイカ。2.18kg・1.4kgのアオリイカ2ハイと、現場画像(写真2〜3)を送って来たのです。弁当船後も釣れそうだったハズを、すんなりと竿を仕舞いが。いよぉっ!、着流し姿の色男なんてね。 トクスケは、「サンノジだけぇ〜」だっとフィシャーボーイ。この休み3度目の渡礁。キリッとサングラス、手慣れた荷運、竿構えは大人顔負け。将来は、”プロフィシャー”に成るとか、頼もしい限りです。 磯も、季節の替わりを実感してきています。
<大潮>干潮(11:45/23:59)、満潮(5:48/17:47)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

2019年4月3日(水)晴れ
早目の上り潮は、17.8度の水温を維持した今日。濁り気の有る潮だが、明らかに違いをみせてくれました。各自、努力をしても2尾しか釣れなかった1日・2日の展開から。内容的に、暗い部分がスッキリ消えていたなぁ。風の吹き回しも無く、南からの風が一定に吹いてただけでした。 クロハエの船着き場の底物、サンノジが餌消費だけをする悪いパターン。9時前に、見切りを付けて南面に移動。1投目早々に50cm型の石鯛(写真1)が来て、間を空け同サイズの石鯛を追加したのです。因みに、3日は置き竿が出来る程の餌盗りで、強いサンノジの餌盗りはなく、餌保ちが良かったのです。マゴの船着き場とクロハエ東端。朝の時間、青物のボイルにルアーを入れても反応無し。東端に来たのは、明らかに青物でした。行くだけ行けの判断は良かったハズだが、ポンピングしてもこっちに来ない。十数分のあげくライン切れの幕引き。沸騰ながらの腕は、放心状態に入れ替わっていったのです。サンノジの連発、数尾のボラ、グレは2尾に止まった東端でした。 早目の上り潮に、思いの釣りが出来なく、マゴの船着きに移動した。30cm+型にグレを5尾(写真2)、豪引きのバレも含め、悪くない状況を聞いたのでした。 ぶり返しの寒さ、少しは緩んできたが、4日朝の気温4度を示していた。
<中潮>干潮(11:18/23:31)、満潮(5:25/17:12)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2019年4月1日(月)晴れ
クロハエ東端。早速の一投目は上り潮に間に合ったが、三投目には動きが無くなって来たのです。これが、最近の潮流動静ですね。今朝の水温は、17.3度と若干の良さを感じつも、残って来た刺し餌に冷たさを感じるのです。これに加え、今日も西系の強風は一日海面を走り、竿ケースをも飛ばす冬場のぶり返しでした。そして、明日も同じ模様を予想しています。しかし、強風イコール寒い!。衣替えを終え出した時、ぶり返しに鼻まで出す始末。 朝早々に、トロ〜って流が遅まるや、真鯛を釣り揚げる。また遅まるかと、真鯛を釣り揚げる。100m先に居ると言うよりも、近くに居るって感じですねぇ。潮流に眉を寄せながら、真鯛4尾(写真)とイサキをゲットのクロハエ東端でした。 強風覚悟のオキノカブリ、頻度高い風当たりに”難”に偏りましたね。グレ1尾にヒダリマキ、風以外は悪く無さそうと・・。コグロも風に対応して低姿勢を維持せざるを。攻めの姿勢には見えなかったなぁ。弁当船開始のマゴも、風当たりに船着き場で1尾、マゴに竿を向きを替え1尾の追加と。2度の豪引きの一つは、”タモ”と言うところまでもバレに終う。3号ハリスに構えたが、風対応したタモ置きが遠かったのです。残念 !! 。 クロハエ南面の底物釣り。ウニ餌にコッて当たって来て盗られた。”!”、使えそうですねぇ。生赤貝では、サンノジに対応しきれない状態になっています。 風吹きに押さえ込まれた潮流か。唯々、堪え忍んでいます。
<若潮>干潮(10:21/22:26)、満潮(4:33/15:54)

志和・磯・釣果
写真1