高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
上ノ加江・磯

高知県四万十町志和の磯釣り情報

上物釣り底物釣り共に楽しめる名磯多い志和磯



高知県中西部の太平洋・土佐湾に面した四万十町志和磯の拡大写真拡大画像)です。四万十町志和の磯には、渡礁可能なハエ(碆)が大小合わせ20数個あり、背後に志和〜小鶴津〜大鶴津〜冠岬につらなる山林・断崖を控え、北西の風の強い冬期でも釣りの可能なハエが多いのが特徴です。


【ブンキチ(南東面)】 船着き場はハエの中程辺りで、磯上がりして右手(東)方向に進んだ場所で竿出しです。この辺の水深は約7mです。

ブンキチはマルバエの右隣りに位置し、ハエの形は長三角形でこれといった平らな足場がない磯です。やや奥まった場所にありますが、秋にはシマアジ・青物の回遊があり、またグレなど磯物もOKで、ここ数年来冬期グレ釣りシーズンの人気の磯になっています。なお、狭いポイントではあるが、モイカも狙えます。ただ、波に弱い磯なので要注意です。釣りポイントですが、磯上がりして斜めの岩場を東方向(沖向け)に歩み、磯切れしたマルバエ側で竿を出します。ここの水深は7m程度です。干潮時には、前方にチョコンとした岩場が現れますが、この時合いには魚の喰いが悪くなるジンクスがあるので注意しましょう。なお、反対の面は底ハエがあり釣りづらいですが、竿を出している人もいます。