高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
上ノ加江・磯

高知県四万十町志和の磯釣り情報

上物釣り底物釣り共に楽しめる名磯多い志和磯



高知県中西部の太平洋・土佐湾に面した四万十町志和磯の拡大写真拡大画像)です。四万十町志和の磯には、渡礁可能なハエ(碆)が大小合わせ20数個あり、背後に志和〜小鶴津〜大鶴津〜冠岬につらなる山林・断崖を控え、北西の風の強い冬期でも釣りの可能なハエが多いのが特徴です。


【ミノコシ(北東面)】 ミノコシの船着き場は北東面にあり、この辺りの水深は8〜11m程度で、底物狙いは船着き付近となります。このミノコシは多少波のあるような状態の時が釣果が良いようです。

ミノコシは、マルバエの南南西約50mに位置するどっしりとした大きなハエです。船着き場から岩場を4〜5歩程度登り、狭くはあるが平らになった足場に荷物を置きます。釣り場は、船着き場近辺(左はハエ北端)と右方向5〜6m離れた高めの足場の2箇所です。水深は、船着き場近くは8m、高めの足場付近は9〜11mです。ミノコシは秋からのグレ釣りシーズンに期待できる磯で、多少波のあるような条件の時の方が釣果があります。過去にも結構大きめの型の魚が釣れた実績があります。その他、夜間の釣りで大鯛が揚がっています。 また、底物釣りファンの方は、船着き場からできます。ポイントは、クロハエ方向より右側2m強の地点で、深さは底ハエの左右程度に狙いを付け、軽く竿を振る程度に仕掛けを落とすと良いでしょう。水深が浅い分、楽に釣れるという声もあります。