高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
上ノ加江・磯

高知県四万十町志和の磯釣り情報

上物釣り底物釣り共に楽しめる名磯多い志和磯



高知県中西部の太平洋・土佐湾に面した四万十町志和磯の拡大写真拡大画像)です。四万十町志和の磯には、渡礁可能なハエ(碆)が大小合わせ20数個あり、背後に志和〜小鶴津〜大鶴津〜冠岬につらなる山林・断崖を控え、北西の風の強い冬期でも釣りの可能なハエが多いのが特徴です。


【ミツバエ(東面)】 ミツバエは、背後に冠岬の断崖絶壁を控えるこじんまりとしたハエです。 上写真はミツバエを東側からみた状態で、周囲の水深は7m程度の常時底ハエが見える磯です。

ミツバエは、地のカブリの手前70mの地点、冠岬の絶壁近くにあるこじんまりとした磯です。ハエの直径は5m、高さは4m程度で一部滑りそうな斜面があります。周囲の水深は7m程度で、何時も底ハエが見える状態す。釣りポイントは、通常船着き場のある北東〜南東方角前部ですが、潮の状態によっては南東端足下から南東向きにでるサラシに仕掛けを乗せ、沖のシモリ手前を狙う遠投パターンもあります。同じような遠投パターンで、磯の東端から沖に点在するシモリの周辺を狙うもう一つの方法もあります。