高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
上ノ加江・磯

高知県四万十町志和の磯釣り情報

上物釣り底物釣り共に楽しめる名磯多い志和磯



高知県中西部の太平洋・土佐湾に面した四万十町志和磯の拡大写真拡大画像)です。四万十町志和の磯には、渡礁可能なハエ(碆)が大小合わせ20数個あり、背後に志和〜小鶴津〜大鶴津〜冠岬につらなる山林・断崖を控え、北西の風の強い冬期でも釣りの可能なハエが多いのが特徴です。


【コアガハエ(東面)】 コアガハエはシモヒラバエとも呼ばれ、東西方向に長く若干コウデに似たハエです。波が高くなってきた場合の避難場所がなく、他の磯よりも撤収時間が早くなります。

コアガハエ(別名:下平バエ[シモヒラバエ])は、コウデの南約60mに位置し、少しコウデに似た形をした磯で、東西方向に18m幅6m高さ2mの形で周囲の水深は7m程度です。足場に関しては、コウデよりは若干高めですが、波がでてくると退避する場所がないのが弱点です。よって、急に波が出てくるような日には、他の磯よりも早い時間に撤収となることを頭に入れておく必要があります。 主に冬期シーズンのグレ狙いに適していますが、春からのモイカや夏の夜釣りイサギ・イガミなどもOKです。 竿だしポイントは、船着き場より前方の東部分と船着き場の反対の岩場の2箇所になります。東部分の釣り場は足下から磯根が張り出しており、魚を喰わした後の取り込みは、左右に振るなどして根に入り込まれないような対策が必要になります。