高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
上ノ加江・磯

高知県四万十町志和の磯釣り情報

上物釣り底物釣り共に楽しめる名磯多い志和磯



高知県中西部の太平洋・土佐湾に面した四万十町志和磯の拡大写真拡大画像)です。四万十町志和の磯には、渡礁可能なハエ(碆)が大小合わせ20数個あり、背後に志和〜小鶴津〜大鶴津〜冠岬につらなる山林・断崖を控え、北西の風の強い冬期でも釣りの可能なハエが多いのが特徴です。


【シンバエ(北東面)】 上写真のように、シンバエは斜めに傾いた状態をしています。

このシンバエには段々の岩場があり、船から見るほどひどい足場ではないが、磯上がりしたらまず荷物の置き場を確保するのが先決です。くれぐれも荷物を落とさないように注意しましょう。(^_^;) 磯の南側両端が竿出しポイントで、水深は8〜10m程度です。このシンバエは、仕掛けタナがやや深めで、凪の日でも竿1〜1.5本、波のある日で沖を向いて左端から出るサラシに乗せる場合は竿2本タナで、かつ沖合20m程度にあるシモリを狙って流す釣り方が良さそうです。この方法で良型のグレ・イサギ(イサキ)・青物を狙えます。一方、磯中央南側から約5m沖をポイントに、足下から出るサラシに乗せる釣り方でも良型のグレ・イサギが狙えます。色々な釣り方で釣りテクニックを試す価値のあるハエです。