高知県中西部地域密着ポータルサイト【満天土佐】
志和・磯・釣果

志和の最新釣果情報

ベテラン磯釣りファンの多い高知県四万十町志和の磯



高知県四万十町志和の磯は、釣りファンに人気の上物・グレや底物の石鯛・石垣鯛など狙える名磯の多い釣りポイントです。また釣りを愛しハエを知り尽くした常連客の割合が高いのも特徴です。
※当釣果情報は、志和のくろはえ丸渡船さんよりいただいた情報に加筆・一部修正したものです。




2021年10月24日(日)曇り
25.2度の上り潮(2日目)はユックリ。東からの波は船を振らし、高潮気に渋くハエもあるなぁ。さて、前日はスカスカの釣果に画像も無く、ブログ更新する要素無しでぇ。何を隠そう、今朝もまだぬぐい去れてない。 ポツリ・ポッ釣りと低低調の上物釣りに、タテバエだけが妙に明るかった。続く底物釣りからは「餌盗らない」と、飛沫のあるコウデトナリに磯替わりをした。首を捻り、遠巻きにハエを観ながら帰るとする。 見廻り船帰港をした底物釣り、ガキ1尾は居たが餌盗り無くボウズ。トクスケだけは釣果(写真1)を得、コロダイ・テスに40cm型のイシガキを混ぜ、ハリセンボンが只光る。此奴 ! 、変に餌盗ってるのは。 さて上物釣り。全体的に大小言えないシマアヂを釣っていたが、此を釣ってなかったら丸で駄目じゃん。と、厳しい評価をします。マゴは、グレとイサキをマズマズに面白そう。トクスケは何とかヤズとグレ(写真2)を混ぜていたが、苦しい内容を言った。タテバエは、35cm型のイサキとグレ混ぜ(写真3)に笑顔を見せてくれた。 エボシは、迎え船時前からの入れ食い状態(写真4)だったと、此からと言う歯痒さを言ってた。 各ハエ何らかに釣果があったが、先に言った通りシマアヂが釣れ無かったら・・。サンキューの一言です。 エボシは何故か多く、 トクスケはチョロなんてと、まちまちな餌盗り魚の報告。グレはポツリと、全体にダツが居ますしデカイ。青物の回遊報告が少なく成ったかぁ。
25日、波と雨に出航無し。 台風発生!。小笠原から北東の圏外コース通りですが、油断禁物なのです。
※28日木曜日は、私用で休みを予定してます。
<中潮>干潮(1:26/13:31)、満潮(7:58/19:13)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

2021年10月22日(金)曇り
朝一の潮の流れは、どちらにも?な感じでした。25.8度の水温は、後から来た上り潮には若干の低下があった。強いほどの風は無く、波も無い状態の海です。しかし、半日の曇り空から陽射射しには焼かれてしまった。 クロハエの底物です。一投目からでは無いもの、勝負は3時間も要らなかったか。40cm一寸のイシガキ5尾とイシダイ(写真1)。解るかなぁ?、画像中央上の広目の尾が見えるかなッ、イシガキとドッコイの体長です。その後は、餌盗りは良くなく、午後からは残り気味でした。 コグロのイシダイは47cm型だったか、ガキをプラスして後の当たりは無かったが。何かは、居る様子もあったとか。 トクスケの上物、今日はグレも青物も来やしない。シマアヂは二桁以上も釣れたが、相変わらず大きくない。しかし、獲物の種が少ないのです。サンノジは2尾当たったが、今日は、三目の反応を見ただけです。クロハエはダツ、それとシイラ。道糸一杯走ったそうで、只ならぬ走りだったとか。大きく弾いた音が終いを告げた。弁当船前から上り潮が行きだす。道糸を切られる・・?。二度目に理解できた、ウスバです。上物釣りは、二三カ所のハエからの情報では、まだ不足です。
※28日木曜日は、私用で休みを予定してます。
<大潮>干潮(0:27/12:38)、満潮(6:49/18:30)

志和・磯・釣果
写真1

2021年10月21日(木)曇り雨
トクスケには上物釣りと底師。小型のシマアヂを6〜8尾をポツリ、30cm型のグレをプラスしていた。キツウヲかな?の何回かのバレ、サンノジは此処最近に珍しい釣果でした。でも今日は、青物が来なかったんです。写真1は、一人のクーラーを拝見。30cm+型のグレ、シマアヂは小さいのは一見です。他の獲物を入れなかったから、少釣果感に見えてしまう。 底物の方は、8時迄は結構に餌盗りを繰り返したが、以後は順繰りに反応が減っていった。→ガキ2尾には物足りなさが強い。 写真2は、見廻り船時のトクスケの様子です。北風が治まりつつ、海面が治まりだした。 ミノコシは底物で、8時過ぎ迄の餌盗り間に50cmの石鯛(写真3)とガキ。後々竿反応が薄れ、弁当船時には、??って事に成ったとか。それでも、全ての餌を使い切ったと。 弁当船開始のコウデ。餌を盗らないのに、”まさか”が過ぎる。それでもコツリと当たりだし、ブダイ2尾とガキを獲物にした。でも、餌盗りは終始変わらなかったけどね。 潮の流れが弱く、下りの様に見えたがです。水温は、一日曇りもあってか、前日より低下を見せだし25.8度を通した。北東からの小波から始まり、弁当船には北風が海面をザワつかせたが、後は静かな海面が広がった。 日を経つに連れ、魚の観えが良く無い方向。青物は当たりもガックリか、なんか寂しさが・・・。でも、水温低下に石鯛の釣果は出てきてます。
<大潮>干潮(12:11/--:--)、満潮(6:15/18:08)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

2021年10月19日(火)晴れ
波の音、引き波が長くウネリ音です。どれだけの波か確認してからと、暫し待機。必ず波は来るからと、厳重注意で渡礁開始し、2名は辞退し出航とした。 水温26.3度、早目の下り潮、波の影響で浜濁りが発生している。 クロハエの底物、2投目に「んんっ」と唸らし、若干の間を置きに竿が反応。さぞかし、側面から見てたら素晴らしかったろう。50cm丁度の良型の銀石鯛(写真1)です。が、その後の竿反応が宜しくない。1時間もすると、たっぷり時間を置いてもそのままのウニ餌。コン・コンと来ても後には続かず、濡れた下半身が冷えだし弁当船で帰港とした。 ミノコシの底物、ピトンセットした竿が見えなく成る事も。餌盗りが良くない、イコール当たる回数も弱い。そんな中にも元気な奴が居て、ガキをクーラーにやっとこさ。一向に弱りを見せないウネリに、肩を狭め足取りも・・・ 流石に、上物釣りも勝って良くない。マルバエは、釣れた獲物のグレを波に持っていかれ涙を呑んだ。 トクスケはアイゴに大きくないシマアジ。浜濁りが寄せて来たのも因果か。クロハエはキビナゴでオオモンハタ。荒れもあってか、各ハエから青物の寄りが聞こえず、満足に”負”が付いてしまった。
<大潮>干潮(11:13/23:30)、満潮(5:03/17:24)

志和・磯・釣果
写真1

2021年10月18日(月)晴れ
夜半までは吹いていた北東風、やはり朝はけっこうな荒れの出航だが、此でも弱くなった海です。13度の気温、本番並みな西風に服装が間に合わない。 上りな26.2度の水温は、冷やさで低下気味か。しかし、静けさが続かない。 コグロトクスケカブリコウデ、見廻り船で低血色帰港。小グレだけ、来てもキツウヲと、朝後の反応が上昇しないとか。今日は、釣れるに向かない様子を言う。 朝後からの北風に、海面がザワつく。弁当船時には弱りをみせ、一時の陽射は強いが北風後の”寒い”感が強い。気温の低下もあるが、汗をかかない季節に成って来た。 ミノコシの底物、前日よりも餌盗りが良く、苦戦では無いがゆっくりした食い気を言っていた。51cmの石鯛(写真1)と、40cmを切っても肥のあるイシガキ。当たりとしては、一日楽しめたそうです。 潮位の高いエボシ、濡れてない岩場が無い。ポツリと、35cm迄のグレは来るが濃い訳でも無い。まだ小さいシマアジ、なかなかの餌盗りが多勢に無勢。ワカナの廻りはたまに、半身映りのシイラ(写真2)が物言わずに大苦戦を表した。帰りの潮位も高く、タモ入ったままのシイラから乗船して来たのです。 弁当船で移動してきたワレバエ、ルアーと餌でシマアジとワカナを釣っていた。グレはと聞くと、「小さいねぇ」。キャスト中にシイラが足元間近をスルーに、アイコンタクトをとったかどうとか。 止まる事の無い二方位からの波と風、まるで静けさの磯です。

<中潮>干潮(10:40/23:00)、満潮(4:22/16:59)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2021年10月17日(日)曇り晴れ
背中合わせの台風移動、一安心かのまさかの大ウネリの余波。普段だったら、「明日は行けますよ」なんての返答出すが、今回は言わずにホッ!。長々の休みでした。 久し振りの平らな海面、西風に飛沫が掛かってもここち好です。水温26.4度、下りヤマ気、高潮もあったりです。ですが、後からの北系の風に海面はザワつきだし、14時前からの北東の風は”撤収”寸前の荒れに変わったのです。 完全に真っ新な磯は、上物も底物釣りも餌盗り状況悪化でした。 上物のコグロはパットせず、一人はマルバエに移動。→餌盗りの見えない時間から、ポツリと当たって来だし、間合いにグレにシマアジワカナ(写真1)と。グレは30cm+の型、他の獲物も大きくない獲物ばかり。終わる掛けに速いカブセ入るが好じてか、ポンポンな竿返しだったとか。 トクスケも寂しさ。マズマズのグレ(写真2)でしたが、釣れ反応が鈍いの一言。いざ来たら、ギュギュッギュウなんてキツウヲですよ。青物の回遊も少なかったともらした。 写真3は、弁当船時の北風が強まって来たコウデの様子です。ルアー釣り一本狙い、ワカナ・ネイリ・シイラと、ダツのボイル湧きから数度のフッキング。長目の間合いは仕方無し、「でぇッ、魚は?」と、中身は見事綺麗にナイロンパッキングされた獲物たち。クーラー狭しシイラは一見、構えたカメラをポケットにしまった。 底物釣りのトクスケ、北風に煽られる竿にもガキの反応あり。針掛かりしたのは、40cm弱の丸々肥のガキ一尾(写真4)。珍味とか、ハリセンボン。一向に良さを見せなかった餌盗り、半分はカブセ消費さしたとか。クロハエはガキ、ミノコシはガキ三尾に追加した。 静かな朝から、涼しさを呼んだ北風、後の寒い北東の風波に船はグラングランの大揺れ。なんか一転の日和変化には、疲労を感じましたね。明日の朝に残りそうな勢いですね。
<中潮>干潮(10:01/22:30)、満潮(3:32/16:32)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

志和・磯・釣果
写真3

志和・磯・釣果
写真4

2021年10月6日(水)晴れ
5日は、一時は予想上回る荒れに、機関修理保全と都合良く休めました。何人の方には、ごめんなさい。 翌日の問い合わせに、「波はある」と荒れの出航を言ったが。港船着き場では、大潮+高潮に乗船難儀と始まり、いざ希望のハエに来るとザブザブ然々。写真1は、コウデ渡礁時の模様です。 早目の下り潮に未だ未だの濁り潮を確認。朝の水温26.6度は、日中の高気温もあってか27度迄上昇した。 高潮と波に3カ所渡礁出来ず、弁当船で可能になった。その一つ、クロハエは明確に餌盗りも無くカブリへ底物釣り移動。此処では餌盗りとガキの反応も有り、50cmは無かったが石鯛をゲットと果たした。ミノコシは底物で、全くと言う程の餌盗り無くボウズ。シンバエの方はガキの反応も有り、45cmの石鯛を手にする好変貌でした。トクスケは波にウニを浚われたと、三尾のイシガキを見せてくれた。内の40cm越のイシガキ(写真2)は、身厚く体型にこれでもかとパンパンにウニを食ったお腹でしたね。 時化の影響もあるのか、場所によっての餌盗る、盗らないが明確だった底物釣りでした。コウデは、ルアーでワカナと40cm型のネイリ。大型の青物が視界に入ったが、ファイトの対象にはならず。上物釣りでは、30cm型のグレを数尾と冴えの無さを聞いたなぁ。トクスケの上物も、前日の様な冴えを聞けず、30cm型のグレとワカナ、まだまだ小さいシマアジを釣れたと聞く。コグロは、厭に成るほどの餌盗り魚に大苦戦。何とか35cmあったかなグレを泣き泣きの獲物にした。 エボシワレバエは弁当船移動からの開始。30cm+-のグレでワカナをプラス。此処も、今一つヒート無しに終わった感じかなぁ。 波の影響に釣果有る無し?でも、情報としてはてんこ盛り。一日一日向け、良い情報に成ればです。
<大潮>干潮(11:47/--:--)、満潮(5:34/17:59)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2

2021年10月4日(月)晴れ
直接の影響が無かったにみえた台風16号。28日のウネリ波は、磯際の樹木の生息域を後退させる程でしたねぇ。 3日より出航可能。海は波が発生さした濁がまだ強目に残っていて、海底に届く濁りだそうです。水温26.7度の下り潮、4日の朝は磯に荒れをみせていた。そして、照り照りと陽射は焼きに来てます。 底物釣りは、前回の雨の影響が残ってる様です。竿先を微かに揺らすだけの、大概にウニ餌残りを言っていました。テス・イガミは針にのっても・・と言いながら。 3日のトクスケでは、モゾモゾと反応が1時間も続き、やっと竿にのったのが52cmの石鯛(縞)で、2尾目はもっと簡単に針を果たしてくれたそうです(写真1)。痩せた様に見えるが、すっかり臓器と結構なウニをとられた結果です。しかし、餌盗りは無かったそうです。
4日でも同じ模様でした。この日、クロハエでは珍しく青ブダイを釣り揚げていた。手持ち餌の大半を残した、餌落ちの悪さ真っ最中! 上物釣り。結構な濁り潮の中ですが、思いよりも好い結果を表した。3日のクロハエは、「居ない」と帰って来たが。彼方此方で青物の餌追いボイルを見せてくれた。4日、それを聞いてエボシに。的中です!。60cm超の青物と、30〜36cm迄のグレを二桁釣果(写真2)。「普段はタモをもたんにぃ〜」と、此にも”感”を当たったんですね。 トクスケでは40cm型のイサキ。ワカナなどと、決して多く得る釣果でも無かったものの、正体不明の豪引きもありで、”マズ”と楽しんだそうです。 山に海にも美味しく色づき出す季節。磯にも、青物混じりにグレとかと・とかと楽しめる方向に成ると思います。その前に、今の潮には拡散してくれる様にお願いしときます。
<中潮>干潮(10:34/22:59)、満潮(4:08/17:05)

志和・磯・釣果
写真1

志和・磯・釣果
写真2