満天土佐イメージ
志和・磯・釣果

志和の最新釣果情報

ベテラン磯釣りファンの多い高知県四万十町志和の磯

高知県四万十町志和の磯は、釣りファンに人気の上物・グレや底物の石鯛・石垣鯛など狙える名磯の多い釣りポイントです。また釣りを愛しハエを知り尽くした常連客の割合が高いのも特徴です。
※当釣果情報は、志和のくろはえ丸渡船さんよりいただいた情報に加筆・一部修正したものです。

2017年9月22日(金)曇り雨
22日は予想通りの雨、おまけに北東からの風も来るでは。当日のタイラバ釣り出航に、前日に急遽私用が起こり10時をめどに竿じまいを伝える「それでもOK!」と了解を得て決行となった。パラパラ降る雨は、陸側と山を薄くしか視野に入れてこなく、肉眼での”ヤマたて”が難しい状態。過去のデーター数字を見ながらの、辛い神経戦になりそうです。 天候も有るのか、25度台に低下をみせた水温。メジカ漁の無線会話のトーンが低く、潮の流れは”無い”と言っている。志和沖の70mのポイント。20日に比べるとベイトの反応は乏しく、中層を移動する二三の魚群。北東風に対応しながら数度仕掛け入れ、”居る”と言う反応を感じず、雨空同様に気持ちもグレーに染まり出すのです。 次のポイント→→、此処もベイト反応が薄い。完全に雨状態、目視の”ヤマたて”は諦めて小さな画面と睨めっこ。この頃にから北東の風受けが増し、冷たさも感じて来出す。 カブリ周辺沖に再び→移動。北東の風は白浪を所処に見せだし、此処は一段とベイト反応が薄い。めげず、めげず仕掛け入れ。無言の船内から「来たー」と、点灯したかな一声に敏感に皆が船尾に向く。竿の反応は溌剌な引きを見せてない、40cm弱なチダイです。ポイントを替えながら数度の流しに、再び「来たぁ〜」。が、先ほどよりも・・な型でのチダイ。まもなく終了を宣言し、寒く充実感に満たなく無言の帰港。別れ際に、小槌の如くこうべを打ち続ける。この天候は嫌いだ!が、この風の対応を考えなぁ。16日から”タテ網漁”が始まりました。(伊勢エヒ:写真)
23日朝の磯に南からの波が”止め”を告げた。 さて、その日の夜釣りです。治まりつつ波でも、注意を告げてマルバエに渡礁となる。日替わり時間まで、ハリメの餌盗り具合が一寸・・・。と、その間にポツリ・ポンポンとかに35cm迄のイサキを5尾(写真)。餌盗りの間隙を見ながらか、イサキの回遊が有った様に聞こえました。20度切る気温の夜、まで寒さは感じないようです。
<中潮>干潮(0:49/13:04)、満潮(6:59/19:09)
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果



2017年9月21日(木)曇り
時刻は5時半、曇ってるんで明るくなってこない。25.8度の下り潮は、若干ではあるが薄まった様に見えた朝。9時過ぎに来た早目のヤマ潮は、木の枝や葦やらの台風の影響での残留物をそこら辺に寄せて散らした。そして、一段と濁りを広げたベタ凪の海。前日はそこそこ良さげに見えたが、二日目の磯は?と、クロハエのルアー師は沖のカブリに磯替わり希望に一寸暗みを感じた。トクスケの底物師は、モゾモゾ感のある盗りも有り、昼過ぎには消費尽くしていた。でも、釣果は期待に応えずガキを1尾に留まった。ミノコシは43cmの石垣とガキをプラス。此処は、小ガキの餌盗りに交えてカワハギ系もい居るみたいです。弁当船時にコグロへ磯替り、イマイチの餌盗りからコロダイ・ブダイ・ガキを追加したのです。カブリの底師は弁当船帰港。44cmの丸肥の石垣に40cm型を加え、ガキを3尾追加釣果(写真)にニンマリ。50個の手持ちウニ餌は、全部使ったと言っていました。さて、オキノカブリへ移動したルアー師さんら。手応えは有ったと、40cmに足り無い型が大半のネイリ釣果(写真)でした。ベイトは見えなくも、一時の入れ食い活性を話してくれた。一時的な陽射しは有ったこんにち。直接受けれなかった分の釣り安さと、涼しさが寒さに替わっていく時期からの竿振り環境は、良好に向いて行くでしょう。
<大潮>干潮(0:17/12:33)、満潮(6:22/18:43)
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果


2017年9月20日(水)晴れ
18号台風の爪痕は、近辺にもまだ見えています。海にも有り有りと濁っていて、潮目に別の強い濁り潮が来たりしています。そんなか水温は26度台に移行して、秋めいた魚の動きも見えたりですね。メジカ漁の船も、減船減漁にも決死の動きを魅せています。
19日のミノコシ、下り潮は強く濁り26.8度。渡礁1時間弱、この潮にめげずガンガンと竿に反応が来る。小ガキだろうの餌盗り、脇の方に竿を振りです。幾らか後に、40cm余りの石垣を1尾クーラーに治めた。その後も餌盗りの方は続き、活発な魚の動きにお昼前に餌を消費して終まったのです。
20日はタイラバ釣り。ベイトの様子を観ながら沖に出る。「ほんまにこの潮で釣れるのぅ?」と、一人ボヤキを。水深70mのポイントは、ベイトの活発さが見える。丹念に観た末、ベイトの沖側から流すことに。「一発目から集中していこう」と、3流し目の底キリ2mも巻上がたか。小さ目に当たって来、竿に乗るまでスローに巻き「乗ったぁー」。良い型の様で、ドラックの出も感じ良く顔がほころんできています。60cmありかの真鯛(写真)です。当たり方の割に奥掛かり、活きシメ後に”針外し”の厄介になっても、笑顔が続いていた。下り潮のは”ヤマ気”、若干沖側数mから流し始める。二度目の仕掛け巻き直ぐに当たり。焦らず竿に乗せてるといきなりなライン出。最後までファイトを表した58cmの真鯛、2本の針共に掛かりはバッチリ。流し替え度に真鯛の釣果が続く。65cmの後に来た40cm+のチダイ、次は40cmを切る真鯛はリリースを二度。「もう?」と、暗くよぎる。その後に来たワニに似た大コチ?(写真)。そこら辺暴れタモを破り、おまけに仕掛けも散り散り。あげくの末、ペンチで掴んで難さを込め放ってやった。私欲の竿だしの悪い結果?、煮たら旨そうだったとあとの祭りを掻きむしったのです。リリースが又有り、一寸コーヒータイム。その後、潮向きは完全に”ヤマ潮”に成ると、ベイトの勢いは無くなり、何度か探りチャレンジするが・・。移動をと、「釣ったから帰ろうかぁ〜」の返答に、午前中に帰港した。
<大潮>干潮(11:59/--:--)、満潮(5:42/18:15)
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果

2017年9月11日(月)曇り
志和・磯・釣果 朝の陽射は後に弱りだし、暑さは風にも恵まれまるで気に掛からず、見廻り船帰港時には明日に向けの日和落ちを表しだした。水温28.6°、下りの潮は前日からの100%の透明度を維持していた。でも弁当船時には上りだし、早さも増して来ていたのは、これも日和替わりの示しか?10日のカブリの底物釣りは、ガキを2尾とコロダイにブダイとテスと、手持ちのウニ餌を消費してしまっていた。何日も休んだ割には、”暇無し”な好成果に笑顔も薄っらと魅せてくれた。反面クロハエは餌を盗らず終いと成った。さて11日のカブリは、40cm足らずのイシガキを3尾まで追加し、今日も餌落ち良好に、すでに荷を整えて待機していた。ミノコシもガキ、ルアーでシイラも釣っていて”待ち”を感じなかったそうです。トクスケも、朝から何かしらが竿に反応を見せていた。掛かる迄至らない当たりの中から、40cm+イシガキを2尾(写真)と此処も餌を使い切り。此処最近の潮は、青物に対し好感が出て来ています。日曜日には、バショカジキの二度連続のジャンプも観たし、其れ以前の日には60〜70cmのシイラの群れの移動も見えたし。イワシの群れも要所要所の魚礁にワンワンと見えていました。戻って、9日の夜釣り情報はトクスケマルバエ。2ハエ共イサキの釣果は有ったものの、35cm級を2・3・4尾な感じの少釣果。これに小型のアカイセギを追加していたがぁ、「せめてもう良い型を2尾・・」の声があがっていた。模様としては、”空き”に時間帯が長かった様でした。昼間の上物釣りの情報が薄いですね。”これ”という釣果に乏しく、確かに青物は磯近くに居るんですが、仕掛けが届いてないというか。まあ、徐々にでも成果が出てくると思います。
<中潮>干潮(2:51/14:57)、満潮(9:06/21:02)

2017年9月8日(金)晴れ
昨日の16時からの”ムッ”した空気の後は、間近に雷が光る豪雨並みの降水。翌16日の朝は、昨夕の事は無かった様に涼しい西風が吹く。昼中の陽射は未だ強いが、汗しながらも”出来る”状態にやっと成って来ました。水温28.0度の上り潮は、昼間に成っても28.6度までの気温上昇しかなく、海水も夏の暑さも弱まって来ています。台風もあり、先月の29日から渡礁出来ないのが続いたので、磯は満ちにあふれています。が、トクスケの上物釣りは予想を裏切り。コロダイ・アイゴ・マルハゲ・・・と、頻度良く竿曲げがあったようです。シマアジも釣ってはいたものの、20cmとまだまだ小さかった。コグロの底物情報は、そこそこの餌盗りにバンドが竿を撓らせたそうです。反面、水深のあるクロハエは、餌盗りが悪かったのです。”超”が付く程の連日猛射に、磯に立つ影はまばらもまばら。そんな中の船釣りも、情報が少ない少ない。掛かり釣りは、潮の流れが無かった事と、表面水温が30度を示す様に”熱い”としか言様がなく、浮いて来たメジカを釣るだけに終わってしまったり。タイラバの方は、強めの北東風と雨に祟られ「寒い」と言いたかった。”魚”感が全く見えず、終わりの時間をオーバーしてのねばりに時合?42cmと45cmの真鯛(写真)は、コツコツと小さく当ったは掛かりに至らず、超スロー巻にやっと乗せた事でした。これに小型の真鯛を加え(リリース)イトヨリ・オコゼ系の少釣果に、シイラにも馬鹿にされてしまった感もありでした。7日は、良型の真鯛(写真)の引きに堪能をみせ、40cmに満たないヒラメ(写真、美味でした)、 にイトヨリをプラス。似た様な釣果でも、天候を味方に付けただけ疲れも無かった。磯も船にも、ぐっと秋めき感が強く成っていくでしょう。
<中潮>干潮(0:53/13:09)、満潮(6:53/19:26)
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果

2017年8月1日(火)晴れ曇り
24〜25日と波無し出航。24日は、強い陽射による”熱中症”間際な体調崩しの方が居ました。体を冷やし間一髪、「やばい〜」が本音でした。25日のミノコシ。ガキの餌盗りが強く、11時過ぎには手持ちウニ餌を消費仕切っていた。ガキを2尾。この頃になると、28度の水温が沿岸に見えだしてきた。その後も台風の影響を受けること無く、熱く凪いだ海が続いた。29日には「大丈夫!」と、言った物の台風の余波だったのか、足元を脅かす波荒れが有った。26日から、低くウネッた波が沿岸から濁りを発生さしていた。この日は特に強くなっていた。渡礁から28度を示す水温に”マゼ”寸前の荒れは異常か、餌盗りが無く釣果無しに終わってしまった。その後荒れは無く、ウネリ波も強いとは言えないくらいの状況。雷光が、夜半前から明け方に掛け発生し、西風は吹かず、朝から”暑い”を低く口に発していた。8月1日暑さも有り、未だ暗い4時半に出航した。今朝の西風は体感グット低くした。28.8度の下り潮は、ヤマ気に向かい、弁当船時には2マイル沖合に30度の水温は広げていた。因みに、昨年は7月29日に記録していたが。今年の様に連日とは続いていなかった。写真の磯は弁当船時のミノコシです。クロハエとミノコシに、底物だけの渡礁。ミノコシは、2時間弱は餌盗りが無かったと。その後集まりだしたかガキ、集中的な餌盗りに60個のウニ餌が昼を待てなかった。40cm弱のガキを2尾を、何とかにした。クロハエは餌盗りが悪い。小さい石鯛を1尾針に乗せただけ。写真はクロハエ釣果。お昼頃からか、波荒れを感じだす。5号台風の北上予想を聞き、明日からは台風荒れと成るんでしょう。それにしても、トロクサイ台風です。
<長潮>干潮(7:03/18:44)、満潮(13:48/--:--)
志和・磯・釣果
志和・磯・釣果